地域の繋がりをつくろう!全6回講座 「安芸津で縁を結びたい(隊)!」に参加してきた

イベント

みなさん、こんにちは!

安芸津町で活動をしているライターのゆきむらです。

普段、東広島市地域おこし協力隊として、安芸津町で地域活動をしています。

今回は日頃の活動紹介をかねて、地域活動に参加した様子紹介します!

2022年の10月から約半年間の「高齢者の豊かな学びプロジェクト事業」として安芸津町独自で始まった講座「安芸津で縁を結びたい(隊)!」に、スタッフとして関わっています。

例えば、こんなチラシを作成しましたよ!

「安芸津で縁を結びたい(隊)!」は「まちづくりの視点で繋がる仲間を増やす」ことを目的に、健康や防災、仲間づくりなど全6回のテーマで構成されました。

講座を受講したのは、普段から地域活動に積極的に参加するなど、自身の健康促進に関心の高い安芸津町民26人。

改めて、こんなにたくさんの方が集まったことに驚きと感謝の気持ちです。

第6回目となる最終回では、
「出来ることからはじめよう〜自分のために、地域のために〜」
と題して、これまでの5講座の振り返りと、地域内で自分が出来ることについて考えました。

意見を発表する場では、

・自分が健康でいることが、地域にとっても大事だと思った
・地域サロンで、ここでの学びを伝えたい
・いろんな人と関わることで、暮らしにハリが生まれる

など、学びを通してそれぞれに気づいたことがあったようです。

こちらは、最後に参加者みんなで撮った集合写真!

みなさんいい笑顔です。

いろんな喜びを感じる中でも、私が注目したいのは、講座運営側のメンバーが、

・東広島市安芸津生涯学習センター
・東広島市社会福祉協議会
・東広島市安芸津 支所福祉保健課
・東広島市医療保健課
・東広島市教育委員会生涯学習課
・東広島市安芸津地域包括支援センター
・安芸津町地域おこし協力隊

と、組織の枠を越えて集まったということ!

それぞれが独自に開催しているイベントや講座はあるものの、こうして約半年をかけて連携して進めるプロジェクトはなかなかないものです。

せっかくなので、会場で展示したスタッフパネルを紹介します。

会話のきっかけになるように、付箋にメッセージを書いて自己紹介をしました!

講座終了後は「安芸津で縁を結びたい(隊)!」の隊員任命証を受講者それぞれが受け取りました。

スタッフの立場としては、隊員として日頃の暮らしに活かして欲しいと願うばかり。

参加されたみなさんからの反応も上々ということで、「来年度も企画できたら」と、現在は話し合いの真っ只中。

来年はどうなるかな? 私も意見を出していきます!

講座の旗振り役を担った、東広島市安芸津町生涯学習センター 生涯学習推進員の吉岡さんは、

「少子高齢化という大きな課題から考えても、隣近所の繋がりは特に大切にして欲しいと思っています。今回の講座をきっかけに、ますます地域の縁を繋いで欲しいです」

と話されていました。

改めて、町を作っているのが「人」であるということと、その「人」同士が「学び」で繋がることの大切さを実感しました。

「学び」はきっと、「意志」を持った町づくりに繋がります。

意識していないと何気なく過ぎ去ってしまいがちな日々ですが、ひとりひとりの行動の延長線上に未来があるとしたら、私ならどんな選択と行動をするだろうか。

「安芸津で縁を結びたい(隊)!」は、私自身が多くの視点を得た講座でした。

みなさんの町でも、繋がりづくりとなる様々な講座があると思います。

ぜひこの機会に、探してみませんか!

ーーー
この記事を書いた
東広島まるひネットライター|ゆきむら
インスタグラム @akitsu_kurasu

おすすめ記事