西条で本格・札幌スープカリーはいかが?「荒谷商店」

お店

本日6月2日、何の日か知っていますか?
今日は「カレー記念日」なんだそう。

1859年の横浜港開港と共にカレーが日本に入ってきたとされていることから、横浜カレーミュージアムがこの日を記念日に制定したそうです。

そんなカレー記念日の今日にぴったりのリポートをお届けします♪


西条昭和町、アースベリーコーヒーと同じビルの1階に、本格札幌スープカリー専門店があるのをご存知ですか?

その名は札幌スープカリー 荒谷商店」

店主さんは、札幌発祥のスープカレーを本場で修業。その美味しさを広めたいという想いから地元である西条にオープンしたそうです。そのお気持ちありがたや…!

メニューはこちら。

じゃがいも、ニンジン、パプリカ、ゴボウ、キャベツ、ウズラ、水菜、キクラゲは【基本具材】で、全てのカリーに入っているそうです!

4STEPで注文していきます。

STEP1 六種類のカリーの中から好きなメニューを選ぶ。

STEP2 辛さを選ぶ。辛さは0~5番まで。
→店のおすすめは1番のチョイ辛。給食のカレーより少し辛い位で丁度良かったです♪6段階もあるから迷う…だけど辛さは後から調節可能みたいです!

STEP3 ライスの量を選ぶ。
→ 鮮やかで、カレーと相性抜群なサフランライスライスをスープに浸して食べるのが札幌スタイル!

STEP4 トッピングを選ぶ。
→丸ごとチキンレッグも選べます。お店のおすすめは炙りチーズ(ライスON)。

今回選んだのは、こちらの2種類です。

豚しゃぶとジューシー大根のカリー(1,150円)

【基本具材】+豚しゃぶ、大きな大根、ブロッコリー

豚肉の脂の甘みから、更なるコクが出て最高のスープに。大根とスープが口の中でホロホロと溶け合って最高の食感!

野菜をいっぱい食べられるカリー(1,150円)

【基本具材】+ナス、オクラ、ブロッコリー、レンコン、かぼちゃ、ヤングコーン、大根、舞茸、日替わり野菜3種位

色とりどりの野菜が盛り沢山!食べ応えも満点!添えられた、この存在感のある素揚げゴボウがとても甘くて美味しかったです!スパイシーなカリーとぴったりでした。

どちらのカリーも、具材がしっかり煮込んであって柔らかかったです。コク深くさっぱりとしたスープと、素材そのものの味わいを堪能しました。

スープカレーは一般的なカレーと違って小麦粉などを使わずに作っているので、カロリーは低め。だから全部飲み干してもOKなんです!

この記事を読んで少しでもスープカリーのことが気になりましたら、ぜひ実際に食べてみてください♪「スープカリーはあっさりしすぎて物足りなさそう…」というネガティブイメージが壊されると思いますよ!

この記事を書いたライター:山田佳奈
Instagram|@yamakana91101


札幌スープカリー荒谷商店

所在地: 〒739-0014 東広島市西条昭和町6−2 ラフィーネ昭和町 1F
営業時間:ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30)
     ディナー 17:30~22:00(L.O.21:30)
※スープ売り切れ次第終了となります。
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業し、翌火曜日が休みとなります)
電話番号:082-423-0101
クレジットカード:不可

HP:http://www.curry-aratanishouten.com/

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!
(Twitterからまるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi

※記事の情報は、掲載時点のものです。日数が経っている記事は、別途、最新情報をご確認ください(営業時間など)