試してみて!「安芸の山里農園はなあふ」のお野菜でシチュー作り

お店

今回は、ひとむすびのお料理部門KitchenWorcarとのコラボ企画!おすすめの農家さんを教えてもらいました。

関連記事:広島県の食の魅力を発信中!「Kitchen Worcar(キッチンワーカー)」

紹介してもらった農家さんは志和町の「安芸の山里農園はなあふ」さんです。

“はなあふ”とは「春夏秋冬(はるなつあきふゆ)」の頭文字を取った名前で、季節に合わせた様々なお野菜を作っておられます。

無農薬で動物性の堆肥を使用せず栽培されているので、葉はもちろん、皮も食べることができて栄養もたっぷりなんだそう。

はなあふさんのお野菜やお米は、ホームページから購入することができます。チェックしてみてくださいね。

志和町には、はなあふさんのお野菜が買える自動販売機もあるようですよ。
関連記事:志和に出現した「野菜とたまごの自動販売機」が気になる!

私は今回、小松菜とそら豆を購入してみました。

KitchenWorcarさんのインスタグラムで紹介されていたシチューを作ってみましたよ。ルーなしで、いろいろ応用可能なのでつくりやすいレシピです!

小松菜は大きくて歯ごたえもシャキシャキ。すごく元気な小松菜でした!

そら豆はあけてびっくり、皮が赤いんです!

さやごと焼いて塩でいただきました。豆の味がしっかりしていておいしい…!この季節ならではのお野菜なので、今しか食べられないと思うと貴重です。

他にも今の時期はズッキーニジャガイモいんげんなどが美味しいのだそう!また、広島の伝統野菜として広島おくら下志和地青なすもおすすめとのこと。

『広島おくら』は一般的なおくらよりも大きいのに柔らかく、輪切りにすると多角になっているのが特徴のおくら。

『下志和地青なす」(通称 あおびー)は人気急上昇中の茄子だそう。おすすめはとろとろにとろける食感が味わえるステーキ!

どちらも7月頃からの収穫・出荷予定だそうなのでこれからが楽しみです!

お野菜はホームページでの販売や自動販売機だけでなく、寺家のとれたて元気市となりの農家店、となりの農家高屋店、道の駅湖畔の里福富にも出荷されているそうですよ!

また、今回農家さんを紹介してくださったKitchen Worcarさんは、はなあふさんと7月にスクールを計画中。野菜を収穫したり料理したりしてみんなで食べようという楽しいイベントなので、ぜひチェックしてくださいね!

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター | うっちん


KitchenWorcar
Instagram:@kitchenworcar
Twitter:@KitchenWorcar

安芸の山里農園はなあふ
ホームページ:http://hana-fu.com/
電話番号:082-401-3296
メール:info@hana-fu.com

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

「東広島ちょこっと旅」がリニューアル☆
「高屋・八本松・黒瀬」のオススメの場所や人を教えて!

アンケートはこちらから!!

P6020191

ひとむすびパートナー

おすすめ記事