学生たちが大活躍!2023年1月の「今月のひとむすび」

ひとむすび

東広島まるひネットを運営している、私たちひとむすび。

ひとむすびの毎月の取り組みをご紹介するシリーズ「今月のひとむすび」をお届けします!

年が明けて早1ヶ月。2023年1月はこんな活動をしていましたよ!

東広島イノベーションラボ ミライノ+

ひがしひろしま創業塾

ひがしひろしま創業塾「冬の陣」を企画、運営しました。

昨年11/15(火)に開講して、1/17(火)まで4回開催した「ひがしひろしま創業塾」。

どんな内容を行ったかというと、

ビジネスを始める「理由」と「目的」を考える(Day1)
ビジネスを行っていく上での関係者について考える(Day2)
お金について考える(Day3)
東広島の先輩起業家から学ぶ(Day4)

ということをし、充実した学びと挑戦の時間でした。

参加者からは、

「起業をしていく際の手順や心構え、相談できる機関、仲間づくり等盛り沢山のことを学べた」
「どんなことをやるかというよりも、どんな思いを持ってやるかということが大切だということを知れたのが良かった」

などの感想がありました。

学生支援

ひとむすびは大学生の0→1(ゼロイチ)企画支援を継続して行っています。

また、地域と学生が連携して活動できるような支援もしています。

①ローカルパートナー制度

地域活動をしている学生団体の支援制度です。

1/25(火)「引継ぎの行い方」をテーマに勉強会を開催しました。

引継ぎの意味について学んだあとは、実際に引き継ぎをされて良かったこと、困ったことを団体内で振り返りました。

そのあとは、学生団体同士で具体的な引継ぎについて意見交換をしました。

引継ぎする内容は団体によって違いますが、自分たちが引継ぎをされた経験を踏まえて、次の世代が困らないように資料の整理や活動予定を作ることが大事だと気付く会になりました。

②地域塾2022後期

1/16(月)に後期組の卒塾式を行いました。

2022年9月の合宿に始まり、ヒアリングや企画の案出し、発表練習、企画実施と約4か月という短い期間でそれぞれが活動をしてくれました。

活動レポートや活動発表は後日紹介します。

③学生の地域活動報告会

1/15(日)東広島芸術文化ホールくららのサロンホールで大学生の地域活動報告会を行いました。

東広島市長、住民自治協議会、民間企業、大学生など20名が聞きに来ました。

前半は大学生7名が今年行った活動をプレゼン形式で発表し、後半は大学生と参加者の交流会を行いました。

参加した方からは

「若い世代が失敗を恐れることなくチャレンジできる機会は大事である」
「大学生の活動は、固定概念に捉われず行動力もある。今後の活動の参考にしたい」

といった声をいただきました。

市民協働センターとして

①吉川元気塾のオンライン実施サポート

1/12(木)吉川地域センターで行われた「吉川元気塾」に参加しました。

吉川元気塾は、毎週木曜日に健康づくりや介護予防などを目的に、体操や体を使ったゲーム、脳トレを行う活動です。

今回はzoomを用いた100歳体操を試行的に実施するサポートに行きました。

タイムラグの問題もありましたが、新しい活動の在り方を考えるきっかけになりました。

②市民活動団体の取材をしています

「〇〇なグループ」と題して、地域で活動をしている団体を取材しています。

12月から1月にかけて、5つの団体が記事になりました。

~東広島の〇〇なグループ!~「さとの会」

~東広島の〇〇なグループ!~「はぐくむmocomoco」

~東広島の〇〇なグループ!~「源氏物語」を読む会

~東広島の〇〇なグループ!~「東広島市防災士ネットワーク」

~東広島の〇〇なグループ!~「広島ベトナム平和友好協会(HVPF)」

ひとむすびの活動

①HICの発表会

ひろしま国際センター(HIC)と協働し、地域をよりよくするためのプロジェクトを半年間かけて留学生と伴走し行いました。

食の困りごとを解決する情報発信や、地域の子どもを対象に外国の文化の紹介イベント、外国から来たご家族向けへの料理イベント、広島大学にて衣服のリサイクルボックスの設置など、素晴らしいプロジェクトが誕生しました。

1/28(土)には「ひろしま留学大使活動報告会」も行われ、市民・学生・行政の方などたくさんの来場者に成果を発表しました。

②フードバンク

ひとむすびのフードバンク~フードバンク東広島~がいよいよ2/18(土)から開設されます。

東広島初のフードバンク設置に向けて昨年から準備を進めてきました。

たくさんの方にご協力をいただきながら、フードバンクとなる場所を決めたり、内装を整えたり、看板を作ったり、連携先を探したりしました。

フードバンクの活動では「地域内の余ったものを通して、ありがとうの循環をつくりだしたい」と考えています。

毎月8のつく日に月3回、場所は西高屋駅近くの空き家の一角です。

「食品を受け取りたい」方は、子ども食堂などの団体に限らず、個人も含め、開設日にどなたでもお越しいただけます。

おすすめ記事