大学祭だけじゃない!同日開催の広島大学ホームカミングデーに行ってきた

イベント

11月2日・3日に広島大学で開催された大学祭。同じ日に、広島大学で「ホームカミングデー」というイベントも開催されていたこと、皆さんご存知ですか?

大学祭は学生が中心となって出店やステージを行いますが、「ホームカミングデー」は地域の団体や企業、卒業生の方々が中心となって開催されるもの。

大学生はもちろん、市民の方々の交流の場となるイベントです。

会場は、広島大学サタケメモリアルホール付近。

広島大学と連携している市町村から、様々なお店が出店をしていました!

香ばしい香りにそそられてまずやってきたのは、「安芸津かきの会」さんのお店。

かき飯(400円)、かきフライ(300円)などが売られる中、私が気になったのはもちろん焼きカキ(300円)

とても大きくて、普通のかきの2倍はありそう!ほおばった時の満足感が違いました。

お好みでかけるレモン汁との相性も抜群で、かき好きの私にはたまりませんでした…!

続いて訪れたのは、「もりしげ牧場(株)」さんのお店。

なんと、牛の足がまるまる焼かれていました!ものすごいインパクト!!

もも肉の丸焼き小パック(500円)をいただきました!

外はいい感じに焼けつつ、中はほんのり赤色。もちろん美味しかったです!

ご飯系を食べたあとは、甘いものがほしい!ということで向かったのが、「勝梅園」さん。

黒瀬町でバナナを栽培している農園で、以前まるひネットでも紹介されていました。

関連記事:皮ごと食べられる!?東広島発の国産バナナ

バナナを使ったスイーツメニューがたくさんありましたが、中でも私は、数量限定の広島PEACEバナナパフェ(500円)を選びました!

そう!これが、勝梅園さんが開発した皮まで食べられる広島PEACEバナナ

とても甘くて美味しく、食事の後にぴったりでした。

 

ステージでは学生の皆さんがパフォーマンスをしていて、食事をしながら見ることができました!

広大漫才サークル「(笑)~カッコワラ~」

広島大学体育会応援団

 

また、サタケメモリアルホール内でも様々な催しが行われていました!

一番印象に残っているのは、なんといっても片岡鶴太郎さんの講演です!

片岡鶴太郎さんは、現広島大学副学長と高校時代の同級生ということで、今回お越しになったんだとか。

学生時代の苦労話にはじまり、夢の見つけ方、最後は落語まで。1時間が一瞬に感じるほどに面白いお話で、刺激的な時間でした。

 

今回初めてホームカミングデーに参加してみて、学生も一般の方も楽しめるイベントだと思いました!学生だけが出店する大学祭とは一味違った雰囲気でした。

ホームカミングデーは毎年開催されていますので、ぜひ来年、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いたライター | 広島大学 廣瀬佑太

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!
(Twitterからまるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi

ひとむすびパートナー

おすすめ記事