ひとむすび稲刈りスクールを開催しました!

ひとむすび

10/14(月)に八本松町の吉川地区にて、毎年恒例の稲刈りスクールを行いました!

今年も天気に恵まれ、気持ちのいい秋晴れのもとでの開催でした。

今回は、30人ほどの家族連れと10人の学生スタッフが参加してくださいました!

まずは朝の会からスタートです。

朝の会では、みんなで仲良くなるために「人間知恵の輪」というゲームを行いました。

みんなで手を繋ぎ、円を作る
⬇︎
手を繋いだまま回転したりくぐったりして円をぐちゃぐちゃにする
⬇︎
円の外にいる代表者1人が、手を使わず指示だけで元の円に戻す

というもの。皆さん苦戦しながらも楽しんでいる様子でした!

朝の会のあとは、いよいよ稲刈りです!

手刈り機械刈り(コンバイン)の両方に挑戦しました。

吉川地区の方から刈り方を教わって、大人も子どもも学生スタッフも一緒に協力しながら刈りとっていきます。

子どもたちは、普段はなかなか手にすることのない鎌に最初は苦戦していましたが、すぐにコツをつかんでいました。

コンバインに乗れるのも大喜び!地域の方に補助してもらいながら、しっかりした手つきで操っていました。

刈りとった稲はひもでしばってはぜ掛けをし、乾燥させます。

 

収穫のあとは、お待ちかねのお昼ご飯!吉川でとれた新米と、地域の方が作ってくれた汁ものをいただきました。

秋晴れの下で頂くご飯は、素朴でありながら格別の味でした。

とくにお米が美味しかった!!

 

お腹いっぱいになったところで、カカシづくり!

吉川でとれた竹と藁を利用して思い思いに作りました。

みんな初挑戦でしたが、個性的なカカシを上手に作っていましたよ!

そして、最後に集合写真をとって解散。

お土産には、吉川でとれた今年のお米とアスパラガスを頂きました。

ちなみに吉川地区にある吉川小学校は、特認校制度(校区外の子どもも通える仕組み)を導入しており、現在全校生徒61人中17人の児童が、他地区から毎日通っているそうです。

自然いっぱいの中で、個人の成長に合わせてのびのびと教育が受けられるそうですよ!

気になる方は、ぜひ吉川まちづくり自治協議会(082-429-1879)までご連絡ください。

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!

(Twitterからまるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi