元旦に登ってみよう!豊栄の板鍋山で拝む初日の出ってどんな眺め?

話題

皆さんは元旦に初日の出を見ましたか?

山に登って見た人、自宅から見た人もいるかもしれません。

今回は、豊栄の板鍋山で初日の出を見ることができたのでレポートしたいと思います!

鉄塔がたくさん建っているのが板鍋山。

山頂付近までの道のりは舗装されており車で登れるようになっています。

この時期は雪があったり凍結していたりする可能性が高いので、スノータイヤを装着して行くのが安心安全です。

山頂付近に到着したのは朝7時。

車は、広いスペースがあったのでそこに停めました。

案内図によると車を止めた場所は、広場と書いてありました。

板鍋山に建っている鉄塔の正体も案内図を見れば解決しちゃいます。

頂上の展望台までは徒歩で上がります。

山頂に到着したら展望台にはすでにたくさんの人が!

今回は展望台の真下にある岩場のポジションで見ることにしました。

デコボコとした岩場なので足元に気を付けながらスタンバイ。

山頂は岩場が多いですが、平坦な場所もあるので安全が確保できる場所でご覧ください!

さて、肝心な山頂の眺めは・・・日の出が見える東側の空を見てみましょう。

霧でモヤっとしていますが日の出はなんとか見えそうです。

日の出の時刻は7時15分頃。

オレンジ色に染まる空をじっと眺めながら日の出を待ちます。

山頂はかなり寒いのでこの待つ時間が一番辛いです(笑)

寒さに耐えていたら、雲の隙間から少し太陽が見え始めました!

雲からひょっこりと太陽が現れたのは7時21分。

そこから徐々に昇ってゆく神々しい初日の出を見ることができました。

標高757mから拝む初日の出は絶景!!

この岩場のポジションから撮影すると、ちょうど鉄塔と木々の間に日の出が見えます。

ちなみに展望台からだと見え方が少しだけ違うんです!

昨年、板鍋山の展望台から撮影した日の出の写真はこちら。

昨年(2023年)元旦に撮影した初日の出

岩場よりも高いので木々に被ることなく日の出を見ることができます。

昨年は、山頂に霧がなかったので今年とは違い遠くの山々まで見渡すことができました。

どんな初日の出が撮影できるかはその年の天気と運次第!

そろそろ帰ろうかと思っていたら展望台が空いていたので登ってみました。

展望台には、方角とそこから見える山々や地域の解説も掲示。

どこに何があるのかわかりやすくなっています。

霧もだいぶ晴れてきていたので豊栄の町が一望できました。

普段は大きく見える山も板鍋山から見ればこんなに小さい!

とても寒かったですが、今年も美しい初日の出を拝むことができて気持ちの良い新年でした。

車で山頂まで上がることができるので気軽に頂上の景色を楽しむことができます。

機会があればぜひ登ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:みなみ

板鍋山
場所 東広島市豊栄町鍛冶屋
東広島市観光協会ホームページ

おすすめ記事