カブ乗りこばんの東広島探訪記②初夏の絶景めぐり

話題

こんにちは、カブに乗ったライター、こばんです!

今回は東広島市内でまさに今、楽しめる「初夏の絶景めぐり」をしてきました。

田植えや新緑、季節の花…! 今だけ見られる自然の風景に癒されました。

皆さんもぜひ、カメラ&スマホを片手に、市内をドライブしてみてくださいね!

(写真は全て、5月24日(金)に撮影したものです)

沼田川沿いの田んぼと小麦畑

あちらこちらで田んぼに水が入り、田植えが始まりつつありますね。

福富から河内駅に抜ける県道33号線は、沼田川沿いに田んぼが広がっているエリア。水が張られていて、初夏を感じる風景が広がっていました。

ドライブ&ツーリングにぴったりの気持ちいい道!

さらに、貴重な風景を発見しました。

水田と、右手に見える金色の畑は、小麦畑だそうです。

田んぼと小麦畑、同時にはなかなか見れません。綺麗ですね!

※このあたりから撮影しました

さらに西へ進むと、鳥居が見えてきました。大宮神社という神社なのだそうです。

ちょうど水田に鳥居が映り込んでいて、見事な絶景になっていました。

こちらも、今の季節にだけ見られる貴重な風景ですね!

安芸津のじゃがいも畑

安芸津の名産、じゃがいも! 赤崎海岸に行ってみると、じゃがいも畑に白い花がたくさん咲いていました。


じゃがいもの花は、5月から6月が見頃なのだそうです! 初めて見る事ができ、感激でした。

じゃがいも畑越しに、瀬戸内海が見えてとても美しかったです。さらに、フェリーも横切ってくれました。

※このあたりから撮影しました

じゃがいも畑はあちらこちらにあるのですが、車道のわきから、海と一緒に撮影できたスポットです。

私はのぼらなかったのですが、丘にのぼると、もっといい写真が撮影できるようです。

かわいい風景を発見しました。赤土ににパラソル、積み上げられたコンテナ。

美味しいじゃがいもが楽しみですね!

豪雨災害の影響で行けなくなっている場所も

福富町のクロボヤ峡は、5月下旬から6月上旬、しゃくなげの群生地が見頃を迎えますが、平成30年7月豪雨災害により、今年は立ち入りできません。

来年以降の開放は未定とのことですが、見れるようになるといいですね。

また、紅葉の名所、河内町の深山峡は、ちょうど新緑が美しい季節ですが、公園内は立ち入り禁止になっていました。

道路も片側通行が続きますので、通行もお気をつけください。

 

この記事を書いたライター:こばん
HP|https://www.koban.site/
Blog|こばんとソラコ
InstagramTwitter

 

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!

(Twitterからまるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi