道の駅湖畔の里福富の新メニューあなご料理と、新「TSUNAGU やさい」コーナーへ

グルメ

夏は土用の丑の日もあるということで、「ウナギを食べて夏バテ防止しよう!」という気分になりますよね!

『ウナギ食べたい!でも、お値段結構高いし・・・う~~~~ん・・・』と悩んでいたとき、「道の駅 湖畔の里 福富」のレストラン「ふくとみ食堂」で、新メニュー「あなご定食」が出ているとの噂をキャッチ!

ウナギじゃないけど、「あなご」はウナギ目アナゴ科ということで・・・(笑)

『早速、食べに行こう♪』と、まさに土用丑の日(二の丑)である8/2(日)道の駅 湖畔の里 福富へ行ってきました!

「あなご定食(あなご骨だし汁付き)」1,000円(税込)

メインのあなごはしっかりと甘ダレの味が染みこんでてgood!

ふっくら炊き上げられながらハリのある御飯にもタレが染み染み~♪

大葉のさっぱりとした豊かな香り、しゃきしゃき食感のネギのバックバンドがあってこそ、あなごとごはんのハーモニーが引き立つのだと私は思うのです♪

お好みで山椒をかけてもピリリと旨し!

「あなご骨だし汁」は、骨独特の香ばしいの薫りにホッと一息つけます。

直売所のお惣菜コーナーにて、「国産天然あなごの旨味めし弁当」900円(税込)、「あなごむすび」450円(税込)も販売中ですので、お家でもあなごを堪能できますよ!

また、最近、直売所にて「湖畔の里 TSUNAGU やさい」コーナーが開設されました。

相次ぐ、異常気象、自然災害、新型コロナ流行といった危機的状況に負けないためにも「健康を維持する」ことの大切さを重視し、東広島市内の農家さん達と協力して、自然の恵みたっぷりの野菜コーナー「湖畔の里 TSUNAGU やさい」を開設したそうです。

コンセプトは、「身体に優しい、健康にも優しい、こだわりのオーガニックナチュラル野菜」。

TSUNAGUには、
・未来へTSUNAGU(つなぐ)野菜。
・親から子供へ、孫へ、TSUNAGU(つなぐ)野菜。
・心と身体をTSUNAGU(つなぐ)野菜。
という思いが込められています。

志和の「安芸の山里農園はなあふ」の野菜も並ぶようになったそうです!

関連記事:試してみて!「安芸の山里農園はなあふ」のお野菜でシチュー作り

同コーナーにて、道の駅 湖畔の里福富限定オリジナルドレッシングも大好評販売中!

・「エゴマでポンす(味付けポン酢+福富産エゴマオイル)」 680円(税込)200㎖入
・「エゴマでポンす 鹽味(しお味)(味付けポン酢+柚柑など柑橘果汁+福富産エゴマオイル)」 680円(税込)200㎖入
・「エゴマでドレッシング(和風ドレッシング+福富産エゴマの実入り)」 680円(税込)200㎖入

東広島のいいものがぎゅっと詰まっているコーナーです。ぜひ立ち寄ってください!

道の駅湖畔の里福富
東広島市福富町久芳1506
082-435-2110
定休日:水曜日(祝日の場合は翌平日)年末年始
※屋外遊具は年中いつでも利用可能
ホームページ:http://www.fukutomi.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/hookandtommy/

※記事の情報は、掲載時点のものです。日数が経っている記事は、別途、最新情報をご確認ください(営業時間など)

ひとむすびパートナー

おすすめ記事