【ここどこウィークDAY1】今日の「ここはどこでしょう?」

話題

東広島の風景を切り取ったクイズ「ここはどこでしょう?」

人気企画につき、今週は「ここどこウィーク」として毎日投稿します!

東広島市民の皆さんなら、一度は目にしたことのある風景もあるはず。楽しみながら考えてくださいね!

では早速、始めましょう。この風景は東広島市のどこで撮影したものでしょう?

難易度★★★★☆

<ヒント>

①この人物にゆかりのある地域
②この方は、「吟醸酒の父」と呼ばれる人物です

ヒントがあってもちょっと難しいでしょうか…?分かりましたか?

スクロールして、答えを確認してくださいね☆ 

それでは、答えまでカウントダウン!

答えは、安芸津町三津にある榊山八幡(さかきやまはちまん)神社でした!

こちらの神社の敷地内に、銅像があります。

この銅像の人物は、三浦仙三郎という方。皆さんご存知ですか?

東広島市ホームページでは、このように紹介されています。

三浦仙三郎(1847~1908)

賀茂郡三津村(現、東広島市安芸津町三津)に生まれ、軟水醸造法を発明し、広島の酒造りの基礎を築いた人物です。

東広島市がお酒のまちとして栄えたのは、三浦仙三郎さんがいてこそだったんですね!

ちなみに神社の両脇には、狛犬ではなく・・・

酒樽!?

酒造りと深い繋がりがある神社なんですね。お酒好きの方も、もちろんそうでない方も、一度行かれてみては?

明日の「ここはどこでしょう?」も、お楽しみに!

<こちらもチェック!>
全部わかる?人気シリーズ「ここはどこでしょう?」【2019東広島まるひネットまとめ②】

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!
(Twitterから東広島まるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi

ひとむすびパートナー