~東広島の〇〇なグループ!~「東広島市国際交流フットサルリーグ」

ひとむすび

東広島で活躍中の地域活動団体を紹介していきます!

どんな目的で、どんな活動をしているのか・・・。知ればきっと地域の良さもわかるはず♪

あなたの身近な人が登場するかもしれませんよ!

今回の「~東広島の〇〇なグループ!~」で紹介するのは「東広島市国際交流フットサルリーグ」です。

◇団体名:東広島市国際交流フットサルリーグ
◇設立年月日:2007年
◇活動人数: 学生3名、社会人6名ほど(運営)
◇主な活動場所:ひろしま国際プラザ
インスタグラム

東広島市国際交流フットサルリーグ 活動の目的

東広島市国際交流フットサルリーグの活動目的は、外国人と日本人が、言葉は通じなくてもフットサルを通じて交流を深めることです。

フットサルを通じて、外国人との共生を図り、東広島が元気になるきっかけを創りだすことを目標に活動しています。

東広島市国際交流フットサルリーグ 活動内容を紹介!

リーグ戦・交流戦の開催及び運営

月に1度のフットサルリーグ戦の開催と運営をしています。

東広島市国際交流フットサルリーグは、20チームほどの様々な国の人たちで構成されています。

リーグの開催期間は4月~翌年1月。

試合日は月に1度で、1チームあたり4~5試合行います。

日本、タイ、ベトナムなど様々な人が参加し、同じ国籍同士で構成されるチームもあれば、日本とベトナムの混合チームもありますよ。

試合は真剣勝負ですが、楽しむことを目的とするフレンドリーマッチもあり、女性も参加しやすいです。

試合後は、運営と参加者全員で協力して後片付けを行い、ここでも交流できるようにしています。

異なるバックグラウンドを持つ参加者同士が交流し、共にスポーツを楽しんでいますよ。

国際交流イベントの開催

毎年、7~8月頃に夏のイベントを行っています。

フットサルの場以外でも交流を深めることが目的です。

コロナ禍以前はそうめん流しやスイカ割りなど、日本の夏の文化を楽しむイベントを開催していました。

コロナ禍でここ数年開催できていませんでしたが、今年はバーベキュー交流会を予定しています。

マツダ会杯

リーグ戦終了後、年度の締めくくりとして、毎年2月にフットサル大会とイベントを行います。

東広島マツダ会の協賛をいただいて開催します。

PRしたいこと

このリーグには国籍や年齢、職業の違う様々な人がフットサルを楽しんでいます。

外国語を話せなくても問題ありません。

フットサルをしたい方や、色々な人と関わりたい方、どなたでも大歓迎です!

また、リーグは学生を中心に運営しています。

東広島で日本人と外国人が楽しくフットサルをする場を一緒に支える学生も大募集!

観戦も迫力があって面白いですよ。ぜひお気軽に観戦に来てください。

リーグの日程は、インスタグラムからご確認いただけます。

東広島市国際交流フットサルリーグで、フットサルの魅力と交流の楽しさを体感しませんか?

まとめ・・・ 東広島市国際交流フットサルリーグは「エネルギッシュなグループ」

「東広島市国際交流フットサルリーグ」の向原世十佳さんにお話を伺いました。

向原さんは、運営で活動を支えています。

運営では、日本語を母語としない人にも分かりやすい説明を心がけたり、事前の調整から当日の運営と大変なこともあるけれど、リーグを楽しむ選手たちを見てパワーをもらっているそうです。

東広島に住む外国から来た人たちの居場所にもなっていて、参加者は毎月のリーグを楽しみにしているそうです。

参加者同士が真剣に競い合いながらも楽しみを共有しています。

言葉の壁を越えて交流ができることが魅力的!

さまざまな国籍の人々が参加し、国際交流の場も提供しており今後も注目です。

東広島市国際交流フットサルリーグは、異なる文化やバックグラウンドを持つ人々が一体となってフットサルを楽しみ、参加者同士の交流を生むエネルギッシュなグループでした。

おすすめ記事