フジグラン東広島の鬼滅の刃のオブジェが話題!「広大LEGOサークルらいごっと」って?

話題

こんにちは!皆さんは現在公開中の映画「鬼滅の刃 無限列車編」はもう見られましたか?

フジグラン東広島にある映画館、T・ジョイ東広島に今週末まで展示中の、レゴブロックで作られた鬼滅の刃のオブジェ。

今、話題ですよね!

今回は、こちらの作成者広大LEGOサークル らいごっと」について、らいごっと創設者の原田創太郎さんと副代表の上原陸さんにお話を伺いました!

広大LEGOサークル らいごっとって?


らいごっと副代表の上原陸さん

上原さん「広大LEGOサークル らいごっとは、普段は週3回ほど活動しています。

新型コロナウイルスが流行する前は月に一回ほど展示会をしていました。

ほかに、小学校でのレゴ教室などを開催していましたが、今はリモートでレゴ教室を開催しています」


らいごっと創設者の原田創太郎さん

次に、原田さんにこのサークルができた経緯についてお聞きしました。

原田さん「幼稚園の頃からレゴブロックで遊ぶのが好きでした。でも高校にも大学にもレゴサークルはなく、そのため自分で友達を誘って、らいごっとを設立しました。

小さな子にレゴの楽しさを伝えたり、地域に根差した活動をしたりできるので、一人だけで楽しむのとはまた違う、サークルだからこその良さがあります」

実際にらいごっとには、もともとレゴが好きだった人以外に、子どもたちと交流するのが好きな人、モノづくりに興味がある人、美術や芸術にたけている人、チームでやることの楽しさを味わいたい人などが集まっているそうです。

サークルの雰囲気はとてもアットホーム。

今回、お話を聞く中でも、原田さんと上原さんが違う学年とは思えないほど仲がよくてびっくりしました!

鬼滅の刃のレゴ作品 作成秘話

現在ツイッターなどでも話題の、鬼滅の刃のレゴ作品についてもお聞きしました!

T・ジョイさんからの依頼で作成され、製作期間はおよそ4ヶ月という大作!

サークル全体での作成は初めてとのことで、思い入れが強い作品なのだと伝わってきます。

こだわりは、波や雷、風などの曲線的な表現をしたところ。直線的なレゴブロックで、高いクオリティを目指して作成が行われました。

私も実際に見に行きましたが、とても立体的、躍動的で見入ってしまいました。

鬼滅の刃の作品は今週末まで展示されているそうなので、気になる方はお早めにT・ジョイ東広島へ!

ちなみに鬼滅の刃のほかにも、かわいい&かっこいい!プリキュアの作品も同時期まで展示中です!

11月末にはらいごっとさん主催で全国大学レゴサークル合同展示会」オンライン上で開催されるそうです。

今はそのための作品作りに励んでいるのだとか。日程が決まったら、ツイッターで発信してくださる予定なので要チェックです!

また、メンバーも絶賛募集中とのことなので興味のある方はぜひSNS などをご覧になってください。

広大LEGOサークルらいごっと
インスタグラムhttps://www.instagram.com/hu.leggodt/
ツイッターhttps://twitter.com/hu_leggodt

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:まほまほ
Instagram|@segel__m85

ひとむすびパートナー

おすすめ記事