八本松にある七ツ池公園、ベンチからの眺め◎車好きの子どもにもオススメ!

話題

外に出かけたい季節…と思っていたら、あっという間に寒くなりました。

衣替えが間に合っていません(笑)

そんなことは関係なく、家の中だけでは退屈なのが子ども。

七ツ池公園に行ってみました。

八本松出身のわたし…

小学校の頃に遠足で行った記憶があります。

ちなみに八本松の桜スポットのひとつで、東広島市観光協会のWEBサイトにも載っています。

七ツ池公園の由来は「池が7つあったから」と聞いた覚えがあるのですが、調べてもわからず…

西条方面から2号線を降り、元・東広島市立美術館の通りにあります。

入口がちょっとわかりにくい+離合できないので注意。

駐車場は敷地内にあります。線があるわけではなく、決まったエリアに停める感じです。

こぢんまりはしていますが、砂場・ブランコ…など、定番の遊具は揃っている感じ。

そしてベンチが多い印象を受けました。

ブランコが気持ちよさそう。

丘の上に登ると池があり、東広島バイパスが正面に見えます。

ちなみに昔は、池の横の道を入り山に入れた記憶があるのですが、ロープがかかっていました。

推しポイントはベンチからの眺め。

道路より少し高い所にあるので、見晴らしがよくて気持ちいいです。

池には鳥がおり、バイパスの入り口寄りの池では三脚を立てて撮影されている方がたくさんいました。


そして公園のベンチから道路がよく見えるので、車好き男子にもおすすめです。

近くに工場があり特に平日は交通量も多いのですが、道路まで距離があるので、安全に車ウォッチングができます(笑)

広い園内を散歩するというよりは、遊具や眺めをゆっくり楽しむ公園だと思いました。

公園内や近くに自販機はないので、飲み物の用意をお忘れなく!

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター | yukky
Instagram|@y_u_s_p_

七ツ池公園
東広島市八本松町原9340ー1

ひとむすびパートナー

おすすめ記事