「道の駅 西条のん太の酒蔵」のフードコート「ひがしひろしまフードパークかもす」で地元人気店メニューが味わえる

グルメ

今年7月にオープンしたばかりの「道の駅 西条のん太の酒蔵」。

直売所や屋内遊技場、ドッグランなど、いろいろと魅力あふれる施設ですよね。

中でも、グルメはレストランからテイクアウトの店まで多彩。

さて、どこにしようかと迷った結果、フードコートで食事をすることにしました。

フードコートの名前は、「HIGASHIHIROSHIMA FOODPARK KAMOSU(ひがしひろしまフードパークかもす)」です。

東広島市では老舗の「くろんぼ屋」(西条)「カレー工房 リトルセイロン」(黒瀬)とコラボしたメニューや、フードコートオリジナルのメニューなど、東広島市の名物が食べられるとあって、人気のようですよ。

まずは、食券を購入します。

メニューが横にあるので、選びやすいですね。

・リトルセイロンの「赤&黄」800円(税込)
・フードコートオリジナルの「西条ラーメン」750円(税込)
・フードコートオリジナルの「サムライネギラーメン」850円(税込)
・くろんぼ屋の「ビフカツ」1,280円(税込)

などを注文しましたよ。

食券を購入した時点で注文は通っているので、食券を持ったまま席で待ちましょう。

料理が出来上がったら、食券番号と料理名のアナウンスがあるので、カウンターまで受け取りに行きます。

カウンターの上部に、麺類や定食の文字のほか料理の写真が貼ってあります。それを目印に行けば、迷わず受け取れますよ。

それでは、リトルセイロンの「赤&黄」をいただきます!

実は、東広島市に移り住んで久しいですが、リトルセイロンのカレーを食べたことがなかったので、初実食です!

家で作るカレーは、市販の中辛と甘口のルーを半々に使う我が家。

黄色カレーと赤色カレーがどれくらいの辛さなのか気になります。

サラサラとしたルーですね。

まずは黄色カレーから。

スッキリとした辛さで美味しいです。私にはちょうどいいのかなと思いました。

次に赤色カレーを。

口に入れたときは、辛いかな~ぐらいの感覚だったのですが、徐々に「辛い。あ、辛い、辛~い!」と言ってしまうほど、後から辛さがやってきました。

サムライネギラーメンは、あっさりとした味だったみたい。

ビフカツは、くろんぼ屋おなじみのオリジナルのソースの上にビフカツがどーんと乗って、食べごたえがあったそうですよ。

子ども向けには、お子様ランチやお子様うどんなど4種類のメニューが。

今回は「お子様ラーメン」450円(税込)をチョイス。

子どもたちは、「おいし~い」と言いながら食べてました。

このほかにも、東広島名物のコメカラやカキフライ、うどんなどのメニューもあるので、家族や友人たちと一緒に楽しい食事時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

この記事を書いた
東広島まるひネットライター|おはる
Instagram|@maeccho_25

HIGASHIHIROSHIMA FOODPARK KAMOSU
(ひがしひろしまフードパークかもす)
道の駅 西条のん太の酒蔵内
東広島市西条町寺家10020-43 
082-426-6522
11:00~20:30(L.O 19:30)

おすすめ記事