東広島市内の小学生向け、大学生によるオンライン学習プログラムが始まってる

話題

東広島市立小学校が臨時休業になっていることを受け、保護者の声から生まれたオンライン学習プログラムが始まっています。

運営は東広島ママの地域密着型コミュニティ『のんママ』。

保護者の方の困りごとをアンケートし、今回の取り組みに繋がったのだそうです。

そしてなんと、小学生にオンラインで授業を教えてくれるのは、広島大学の学生たち!

「小学校の臨時休業中は続けたい」と言ってくださっています。ありがたいですね・・・

教科書を使い、ほかの子どもたちも一緒に画面越しで学習。ひとりで勉強するより楽しいという子どもたちの声も!

参加方法や詳細については、オンライン学習プログラム「広大生 to 小学生」の公式HPをご覧ください。一部、下記に抜粋させていただきます!

テレビ電話システム「zoom」というアプリを使います。
スマホやタブレット、パソコンがあれば参加できます。

zoomが初めてのお母さんにも、操作方法などをサポートしていますので、安心してご参加ください。
実際、現在ご参加のご家庭でも初めてzoomを使われる方もたくさんおられます。
お子さんも、2回目3回目とすぐに操作になれていらっしゃいます。

気になる方はぜひ、下記のリンクから、問い合わせをしてみてくださいね。

オンライン学習プログラム「広大生 to 小学生」の公式HP

ひとむすびパートナー

おすすめ記事