道の駅 湖畔の里福富で開催された「東広島オーガニックマルシェ」で人気の秘密を探ってきた<PR>

イベント

7/17(土)18(日)に、道の駅 湖畔の里福富で「東広島オーガニックマルシェ」が開催されました。

このマルシェは、道の駅 湖畔の里福富と東広島で有機農業を営む14軒の農家さんが協力して立ち上げた「湖畔の里TSUNAGUやさい」発足の周年記念として開催されたもの。

この日限りの有機栽培野菜を使ったランチ、スイーツ、パンなど、各店趣向を凝らしたメニューの販売や、「湖畔の里TSUNAGUやさい」の農家さんたちが自ら接客し、野菜のおいしい食べ方や珍しい野菜の紹介など、楽しく交流していましたよ!

素敵なイベントの様子をしっかりレポートします!

そもそも、道の駅 湖畔の里福富ってこんなところ!

道の駅 湖畔の里福富は、「身体に優しい、健康に優しい」をテーマに、地元の新鮮な野菜や東広島産の特産品販売、食堂などを併設した道の駅です。

アスレチックや遊具など子どもが外で自由に遊べるふれあい広場もあり、週末はこども連れのファミリーで賑わいます。

中でも1年前から常設されている、東広島市の有機栽培野菜を販売する「湖畔の里TSUNAGUやさい」コーナーは、ここを目指して訪れる人がいるほどの人気コーナーへと成長!

週末には野菜がほとんどなくなっていることもあるほど。

旬の野菜がずらりと並んでいます!

そして、野菜の美味しさを届けるべく併設されているのが「ふくとみ食堂」です。

注目は農家さんたちが丹精込めて育てた有機栽培野菜をたっぷり使った「ふくとみ定食 1000円」(数量限定/税込)

7月はズッキーニやナス、トマトなど夏野菜を中心に野菜がたっぷり入っていました! 季節によって野菜が変わるから、何度でも来たくなりますね。

有機栽培野菜を「買う」だけでなく、その場で「食べられる」というのがうれしい!

そのほか、「あなご旨味めし定食」1,000円(税込)や、
(瀬戸内海産天然国産真あなごに手作り錦糸卵がたっぷり、あなご骨のお吸物に香の物のセット)

「しらす丼定食」1,000円(税込)なども人気です!
(瀬戸内海産のしっとり柔らかい高級しらす、具だくさんのお味噌汁、香の物のセット)

イベントレポート① 「湖畔の里TSUNAGUやさい」の農家さんたちと話せる!

イベントは「湖畔の里TSUNAGUやさい」周年記念ということで、農家さんたちが店頭で販売していました!

普段は、野菜を届けるだけですが、この日はしっかりお客さんと交流!

どの農家さんも野菜の魅力を伝えたいという思いがあるようです。

「元気な野菜を食べて、元気な体作りをして欲しい」そう教えてくれたのは、「湖畔の里TSUNAGUやさい」会長の山本さん。

山本さんは農園「ララSunファーム」にて自然農法で野菜を育てており、野菜作りの講師も勤めています。


(左:ララSunファームの山本さん 右:ほっこり農園の渡辺さん)

「だんだんと有機栽培野菜の認知が上がってきているようで、一度食べた人はまた食べたいとなるのが、この野菜たちのいいところ」と話してくれました。

「湖畔の里TSUNAGUやさい」は20〜70代で結成されているチームとあって、情報交換や野菜作りの相談にも幅広い世代で対応できるという強みもあるようです。

イベント当日は「このナスが欲しくて!」と目指して訪れる人もおり、人気の野菜は午前中で売り切れていました。

有機栽培野菜に特化した野菜が幅広くそろっている販売所は希少なようですね。


(左:一休農園の藤永さん 中央:やまもと有機菜園の山本さん 右:ふもとやの麓さん)

店頭の農家さんに、周年への喜びを教えてもらいました!

「食べ方を知らない人が多いので、直接伝えられる機会があるのは嬉しい」(ほっこり農園の渡辺さん)

ここに来れば買える、という安心感を持って来てもらいたい」(やまもと有機菜園 山本さん)

「野菜のおいしさを知ってほしい!食べ方を知ることで、好きになって欲しい」(志和の盆地野菜ふもとや 麓さん)

「ここでハーブを扱いたいと言ってらえて嬉しかった」(一休農園 藤永さん)


(左:門藤農園の門藤さん 中央:草々庵の近宗さん 右:ユニティ自然農園の村岡さん)

みなさん、口々に常設されていることへの喜びや、おいしい野菜を届けたいという思いを語ってくれました!

訪れる側も、農家さんのことを知れると安心感がもてますよね!

イベントレポート② 料理教室や限定グルメも! 野菜がたっぷり、身体に◎

イベントでは2日間限定グルメや、特別出店のお店のほか、道の駅 湖畔の里福富で買える食材をふんだんに使った料理教室も開催。

野菜をもっと気軽に美味しく食べよう!

こちらは、東広島の人気スイーツ店「Patisserie Cent Neuf(パティスリーソンヌフ)」オーナーシェフの土久岡さんによる料理教室の様子。

福富町名産エゴマを使ったカップケーキと、青色が幻想的な「バタフライピー」と「トマト」を使ったスイーツ作りです!

直売所で買える食材を使って、野菜スイーツを作りました。

バタフライピー」は湖畔の里TSUNAGUやさい有機栽培農家「安芸の山里農園はなあふ」の森さんが育てたものです!ブルーが爽やかで涼しげですね!

Will Riseの白井志重さんによる料理教室では、野菜たっぷり8品のメニュー作りに挑戦!忙しい主婦のための時短アレンジで「揚げ浸し」をキーマカレーに変身させていましたよ!

「これなら家で簡単に作れそう!」と参加者もニッコリ!

その時々の旬を感じられ、さらには子どもでも作れるようなレシピを意識するという白井さん。
「料理教室を機会に、普段、馴染みのない野菜を使ってほしい」と、その後の暮らしに生かせるメニューを提案しています。

道の駅 湖畔の里福富では、定期的に料理教室を開催。
野菜の販売だけでなく、小さなお子様がいらっしゃる若いファミリー世代のために食育にも力を入れています!

野菜のアレンジグルメ&特別出店など盛り沢山!

「ジェラートSHOP coco plus」(道の駅常設店)は、イベント限定のフレーバーを2種用意!

普段はミルク味が一番人気ということですが、今回は特別に、

・志和の農園「はなあふ」のにんじんと、ホワイトチョコ入りの「ハッピーキャロット」
・「ユニティ自然農園」で育てたユニークな柄が特徴のジャガイモ「デストロイヤー」を使った「ポテサラアイス」

を用意。

ポテトサラダ風のアイスは、胡椒がアクセント! 甘い&しょっぱいがクセになる!

「粉挽きパン舎まるごと」(道の駅常設店)は野菜を使ったパンを販売。

Herb & Aroma shop「LAVANDE」(イベント特別出店)はお料理に使えるハーブやハーブティーを販売!

「nagi slowcoffee」(イベント特別出店)はコーヒーフロートを準備!

仲良しの常連さんも応援に駆けつけていました!

親子で楽しめる雑貨やワークショップも!

ほかにも、「雑貨の森」の雑貨販売やワークショップ、占いなど、バラエティ豊かな出店ブースが会場を盛り上げていましたよ!

「雑貨の森」は、道の駅内コーナーでの販売が常設になり、いつでも手作り雑貨と出会えます!

イベント時は作家さんたちが集いにぎやかに。

親子連れが多い道の駅ということで、子どもも気軽に楽しめるワークショップや占いなども!

サンドアートがカラフルです!

「身体に優しい、健康に優しい」を、これからも道の駅 湖畔の里福富で!

有機栽培野菜やそれらを使った料理など、魅力たっぷりに紹介する道の駅 湖畔の里福富。

ここまで多種多様な有機栽培野菜がそろう道の駅、ほかにないのでは?

「身体に優しい、健康に優しい」商品に出会いに、道の駅 湖畔の里福富をぜひ訪れてはいかがでしょうか!

次回の「東広島オーガニックマルシェ」は秋ごろ開催予定!
今からとても楽しみですね♪

ーーーーー
道の駅 湖畔の里福富
東広島市福富町久芳1506
082-435-2110
定休日:水曜日(祝日の場合は翌平日)年末年始

※屋外遊具は年中いつでも利用可能
ホームページ:http://www.fukutomi.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/hookandtommy/

 

 

ひとむすびパートナー

おすすめ記事