小谷サービスエリア(下り線)で始まったPCR検査を受けてきた

話題

夏休みやお盆休みに向けて、東広島市では小谷サービスエリア(下り線)でもPCR検査が受けられるようになりました。8/31(火)までです。

地域によっては緊急事態宣言が出ており、広島県は感染拡大地域との往来は控えるようにお願いされていますが、やむを得ない理由の際は受診することが推奨されています。

この夏、7月下旬の4連休や夏休み、お盆休みなどは、感染拡大地域との往来は控えるようお願いをしていますが、やむを得ない理由で県外から来られる方向けにPCR検査を無料で実施します。これまでの県民のみなさま向けPCR検査に加え、多くの方にご利用いただけますので、積極的にご利用ください。

▼詳しくはこちら
夏のPCR検査集中実施(広島県)
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/pcr-2021summer.html

PCR検査を実際に受ける機会があったので、レポートします。

まずは、受付で氏名を記入し、問診票を手渡されます。

裏表あり、必須事項を記載していきます。

2分ほどで記入し終えると、次は、検査キットを手渡され、唾液採取ブースへと案内されます。

2mlの唾液を採取する必要があるのですが、思ったよりも唾液が出ない・・・。

実は、唾液って加齢やストレスだけでなく、生活習慣から出にくくなると言われています。例えば、早食いをしてしまい噛む回数が減ることで分泌量が減ったりもするそうです。

唾液を2ml採取するまで時間がかかってしまうとつらいところですが、救世主カードが貼ってありました。

オレンジ・梅干し・レモンの写真(笑)

いや、侮れない。唾液は、酸っぱいものを連想すると分泌しやすいのは皆さんもご存じですよね?

この救世主カードの力を借りて、無事に必要量を採取することができました。

ちなみに、この記事を書いている間、想像するだけでまた唾液が出てきました(笑)

採取した後は、スタッフに提出して終了。

受付をして、提出するまで約10分でした。(その日の混み具合で前後すると思います)

結果の伝達方法ですが、陰性の場合は、問診票に記載の電話番号にショートメッセージを送っていただけます

従来通り、広島県の検査結果のお知らせページでも確認ができるようです。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/269/hiroshimapcrcenter-kensa.html

また、陽性だった場合は検査の翌々日までに電話で連絡があるようです。

私は結果が陰性だったようでほっとしています。

検査を受けた時に案内の紙が貰えるので、受診される際はご自身で改めて確認をお願いします!

実施期間:2021年7月20日(火)~8月31日(火)
時間帯:8時~17時
方法:ウォークイン方式
場所:小谷サービスエリア(下り線)

▼詳しくはこちら
夏のPCR検査集中実施(広島県)
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/pcr-2021summer.html

ひとむすびパートナー

おすすめ記事