5/3(金)まで!「ひがしひろしま 学生×町家塾」の塾生を募集します!一歩踏み出して地域活動をしませんか?

ひとむすび

令和6年度「ひがしひろしま学生×町家塾」(以下、町家塾)が始まります!

説明会及び参加申し込みはこちら
https://forms.gle/5T9h2sBSDkVZCmts9
※締切 5/3(金)まで

町家塾の概要

大学生である皆さんの興味関心を元に、企画をゼロから一緒に作り上げて、実際に何かを実施する実践型の塾になります。

一人で行うわけではなく、町家塾の卒業生(先輩大学生)や大人サポーターと対話しながら進めていきます。

実際に参加する前には、説明会や事前面談があり、学業やアルバイトとの両立についてはコーディネーターと調整します。

5月頃の企画検討合宿から9月の実施期間までの、約5か月で企画を実施するので、短期集中で関われるのもプロジェクトの特徴です。

説明会及び参加申し込みはこちら
https://forms.gle/5T9h2sBSDkVZCmts9
※締切 5/3(金)まで

2024年度の内容

今年度は2つのプランがあり、テーマ実施型制度フリー提案型制度を用意しています。

テーマ実施型は既に決まっているテーマを実施していく流れです。具体的な活動が見えているので安心して取り組むことができます。

考えているテーマは以下の5つです。

1.東広島市内で活躍する事業者や職人を取材して文章や動画などで発信する活動
2.3大学(近畿大学、広島国際大学、広島大学)の大学生が交流する事業の開催
3.東広島市内の廃校を活用して住民が集まれる事業の開催
4.スポーツを通して世代間交流をうむ事業の企画運営
5.地域の自然や人の営みを表した生活季節カレンダー(フェノロジーカレンダー)の作成

フリー提案型は、自身が取り組みたい社会課題などに取り組むことができます。

テーマによって、持っているスキルを発揮したり、身につけたいスキルを得ることができます。

例えば、事業を開催する場合だと、企画力や計画能力を身につける機会になります。

地域活動を実践している社会人や大学生がメンターとなり、参加する皆さんと二人三脚で企画実施まで動きます。

こんな人におすすめ
・何か活動したいけど、何から始めたらよいか分からない人
・テーマになんとなく興味関心がある人
・自分ができることに挑戦してみたい
・地域貢献をしたい

▽対象者

東広島市内の大学に通う大学生、大学院生限定のプログラムになります。

まずは、テーマや企画に興味関心のある方向けへ説明会を開催します。

町家塾 日時と開催方法

説明会ではいずれの日程も過去の参加者から体験談を聞くことができますよ!

・4月4日(木) 13時~、19時~ @zoom開催
・4月9日(火) 19時~ @zoom開催
・4月17日(水) 19時~ @zoom開催

また、日程が合わない場合でも個別対応ができますのでフォームからその旨をご連絡ください!

説明会及び参加申し込みはこちら
https://forms.gle/5T9h2sBSDkVZCmts9
※締切 5/3(金)まで

実際、町家塾に参加した人の声

2022年の参加者 長屋拓暁(当時4年生)

Q.実際に参加する前に不安だったことは何ですか? また、踏み出せたきっかけは何でしたか?

大学院の試験勉強とも重なっていたため、両立ができるかが不安でした。

また、計画通りに行動していくことが苦手だったため、継続できるかも不安でした。

しかし、個別面談に参加してメンターさんの雰囲気が自分にフィットしたのと、手厚くサポートしてもらえそうだと思ったので踏み出せました。

Q.参加前と参加後で自身の変化は何がありましたか?

正直にいうと、参加前は教育というテーマには興味がありましたが、地域にはあまり興味ありませんでした(笑)

しかし、多くの方の話を伺う中で学校だけでなく生涯学習課での講座や子育てサークルさんなど色々な場所で教育は行われ、地域の人によって支えられているということを実感しました。

実践を通して、教育に対して広い視野を持つことができたのは一番の変化だったかなぁと思います。

Q.参加を悩んでいる人へ一言お願いします!

半年間と長い期間なので不安になることも多いと思いますが、とりあえず説明会でメンターさんの雰囲気を見て、この人たちとやっていけそうだったら入ろうかなぁくらいの感じで大丈夫だと思います!

2022年の参加者 木村蒼唯(当時1年生)

Q.実際に参加する前に不安だったことは何ですか? また、踏み出せたきっかけは何でしたか?

大学の授業やバイトなどと両立ができるか不安でしたが、町家塾の説明会に参加した際に先輩が、

「企画は自分のペースで進めることが出来るし、日程は参加者全員の都合を見て決めるので大丈夫」

と、伝えてくださったことが挑戦してみようと思ったきっかけです。

Q.参加前と参加後で自身の変化は何がありましたか?

まず、町家塾を通して自身の興味関心の自覚を得られ、それが進路や2年後期に行った留学の大学選択に良い影響を与えてくれました。

また、活動を通して自分の考えを言語化して人に伝える能力が身に付いたと思います。

最初の合宿から最後の卒塾会まで、メンターさんのお力もお借りして自分の考えや今取り組んでいること、進度などを報告する多くの機会があるので、言語化能力に伴って人に伝わりやすいスライド作りや発表する力も得ることが出来ました。

Q.参加を悩んでいる人へ一言お願いします!

町家塾は、地域貢献に少しでも興味がある方、何か活動をしてみたい方にとって非常に良い挑戦の場だと自信を持って言えます。

貴重な大学時代に挑戦したことは生涯自分の財産になると思います。

ぜひ、財産作りに町家塾へ参加してみませんか?

過去の先輩がどのような企画をしてきたかは、過去の実施レポート(2023年、2022年後期、2022年前期、2021年後期)をご覧ください。

2023年
令和5年度「ひがしひろしま 学生×町家塾」活動レポート!

2022年後期
令和4年度「ひがしひろしま 学生×地域塾」【後期】活動レポート!

2022年前期
令和4年度「ひがしひろしま 学生×地域塾」【前期】活動レポート

2021年後期
令和3年度「ひがしひろしま 学生×地域塾」【後期】活動レポート!

※地域塾は、町家塾の前身になります

よくある質問

参加を検討するにあたり質問が多かった内容を事前に回答しておきます。

参考にしてみて下さいね。

Q:全体会って何?

A:2週間に一度、みんなが集まる場のことです。お互いの進捗状況を伝える機会、メンターからフィードバックを貰う場になります。また、参加している皆さん同士の交流の場にもなっています。

Q:一人で参加も可能ですか??

A:はい! 一人でもチームでも参加可能です! 半分の方は一人で申し込みしていただいており、プロジェクトを行っていく中で、複数人でのチームになり活動してもらうことがあります。どちらにしても大人のメンターがフォローさせていただきます。

Q:実際に自分で活動をしたことがないのですが、大丈夫でしょうか?

A:その一歩を踏み出してみる、チャレンジしてみる場が地域塾です。一緒に挑戦してみましょう。

Q:集まりには、必ず参加しないとだめですか?

A:合宿は必ず参加してください。合宿以降は、集まった皆でその都度予定を調整します。

Q:難しそうなワークが多そうでついていけるかわかりません。

A:ロジックツリーやマンダラートといったフレームワークを使いますが、メンターがフォローしながら活動を行っていくので安心してご参加いただけたらと思います。

Q:地域の人とのつながり方がわかりません。

A:「自ら動く」か「人に紹介してもらう」のパターンになると思います。今回、地域塾に入ると、各地域とのつながりを構築している運営側から、皆さんへ「紹介」というプロセスで地域の人とつながることができます。

Q:合宿ではどのようなことをしますか?

A:関心のあるテーマについての情報収集をし、問題の分析から関係者へのヒアリングの準備までを1日で行います。ワークの際は、他の塾生やメンターと一緒に行います。詳しくは説明会で説明します。

Q:選ぶテーマについて知識が足りないかが不安です。

A:はじめはテーマに関する知識が少なくても、合宿やその後の関係者へのヒアリングを通して知識を増やしていくことは可能です! ただし、プロジェクトを進めていくためには、ご自身でも調べるなどして、積極的に学ぶ姿勢が大切だと思います!

 

おすすめ記事