土日祝日限定オープン、安芸津の「かき小屋龍明丸」で舌鼓!

グルメ

風早駅から徒歩約20分、安芸津駅からは徒歩約30分、ちょうどふたつの駅の中間あたりに位置する「かき小屋龍明丸」に行ってきました!

私は電車を使って、JR呉線「安芸津駅」で下車し、歩いて行きました。

国道185号線を車道に沿ってまっすぐ進んでいくと「かき小屋龍明丸」と書かれてある青い看板を発見!

その看板を左折し、海の方へ向かっていくと、だんだんかきを焼くいい匂いが・・・

ありました!

「かき小屋龍明丸」です。のぼりが目印ですね。

この日は潮風が強く、のぼりが勢いよくなびいていました。

お店の外にはたくさんの車が駐車してあり、お客さんの出入りも多く、とても人気のお店だとわかりました。

11:30くらいにお店についたのですが、予約をしていなかったため2時間待ちでした・・・。

予約をしていくことをおすすめします!!

お店はお客さんで賑わっていて、なんだかアットホームな雰囲気でした。

カウンターにはアルコール消毒スプレーが置いてありました。

席に着く前に、カウンターで注文を済ませるシステムです。

今回は、「牡蠣小町」1キロ(殻付き5~6個)1,000円(税込)とカキめし400円(税込)を注文しました。

これに炭料金(必須)600円(税込)が加わります。

他にもホタテやかき丸くん(タコの代わりにかきが1粒入った、たこやきのかきバージョン)を注文したかったのですが残念ながら売り切れていました・・・

かきを焼くためのエプロンと軍手はお店で貸していただけます。

席に着くと、さっそく炭とかきが運ばれてきました。

平らな面を先に下にして焼き、汁が出てきたら裏返して反対の面を焼いていきます。合計3分程度焼くのだとお店の方が教えてくださいました。

はじめてかき小屋に行ったのですが、炭火から出る熱のあつさとかきのはじける「パンッ!」という音にびっくりしました。

暑いほどの小屋の中で、はじめは大きな音にびくびくしていましたが、そんな中で食べるかきは絶品でした!

注文した「牡蠣小町」は握りこぶしくらいの大きさでした。

そのまま食べてもおいしいのですが、カウンターで味ぽんをもらってきて、それをかけていただきました。

身は熱々で、ぷりっとしていて歯ごたえ抜群でした! 味ぽんの酸味が丁度良かったです!

「カキめし」は、かきの炊き込みご飯。味付けされたかきの佃煮が2つのっていました。

ご飯にもかきの風味がしっかりと感じられ、おいしかったです。

「かき小屋龍明丸」は年中オープンしているそうなので、週末のリフレッシュやご褒美ランチにぜひ皆さんも訪れてみてください!

きれいな海とおいしいかきが堪能できますよ。

土日祝日限定オープンのお店です。訪れる際に予約をするのもお忘れなく・・・!

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:こーり

かき小屋龍明丸
東広島市安芸津町風早3245-33
080-1925-6597
営業日・営業時間:土、日、祝日 10:00~16:00
駐車場の有無:有り(20台)
HP https://www.ryuumeimaru.com/restaurant
インスタグラム

 

ひとむすびパートナー

おすすめ記事