西条酒蔵通り子どもガイド経験者が行く!建物で楽しむ東広島の酒蔵⑦山陽鶴酒造編

お店

みなさん、こんにちは! マサです!

酒蔵通りシリーズも残り少なくなってきており、残す蔵元は二つ。

シリーズが完成するのを楽しみにしていてください!

そして今回はJR西条駅の西にある山陽鶴酒造株式会社です。

最後までお付き合いお願いしますね!

山陽鶴酒造株式会社

山陽鶴酒造株式会社はJR西条駅周辺にある七つの蔵元のうち、唯一西側にある蔵元です。

ボランティアガイドによるコースでも立ち寄ることが少なく、もしかすると知らなかったという方もいるかもしれません。

創立が大正元年。2024年で112周年を迎えます。

山陽道の松並木と鶴を合わせて「山陽鶴」としたのが社名の由来だそうです。

甘味、辛味、酸味、苦味、渋味の五味の一体感にこだわってお酒を醸されています。

道路沿いにあるこの建物は直売所。

真っ赤でのん太の目が取り出し口になっている自動販売機が目印です!

側面には山陽鶴とのん太のかわいいデザインが施されていますね。

直売所の中やお酒については東広島まるひネットの過去の記事をご覧ください。

【関連記事】山陽鶴酒造を徹底紹介!飲んで訪れて楽しい酒都西条の酒蔵シリーズ②<PR>

新年と言うこともあり、正面には素敵な松やたくさんの花を用いたモニュメントが飾ってありました。

「山陽鶴」と書かれた樽もかっこいいですよね!

直売所の東側にある細い路地を入っていくと黒松蔵があります。

もともとは米蔵だった建物を酒造りができるに改装しています。

大きく「山陽鶴」と書いてあるので写真を撮るのは黒松蔵の前がいいかもしれませんね!

そんな黒松蔵の横には仕込み水の井戸があります。

黒松の井戸です。

湧水点は地下10メートルと浅めです。

少し分かりにくい場所にありますが、ぜひ飲んでみてくださいね!

黒松蔵の裏にまわり込むとまたもや「山陽鶴」と書いてあります。

「サンヨーツル」とカタカナで書いてあるのも昔らしくて渋い感じがします!

ですが裏側は写真を撮るには少し難しく、やはり北側が撮りやすくて素敵な写真が撮れそうです。

みなさんもぜひ「山陽鶴」のかっこいい文字を背景に一枚撮ってみてくださいね!

以上、山陽鶴酒造株式会社でした。

次回もお楽しみに!

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:マサ

山陽鶴酒造
東広島市西条岡町6-9
082-423-2055
<営業時間>9:00~17:00
<定休日>土日曜・祝日
ホームページ https://sanyotsuru.jp/
フェイスブック
インスタグラム 

おすすめ記事