元小学校校舎で味わう地元の十割そば。河内の「さわやか茶屋」

グルメ

河内の山の中の細い道をクネクネと。

こんな山の奥に食べ物屋さんがあるのかしら・・・と思いながら進んでいくと、その先に学校のような建物が見えてきました。

「そば処さわやか茶屋」と看板が。

ここは元小学校で、今は宇山地域センターになっています。

その1階にお蕎麦屋さんがあるんです。

入口を入ると小学校のままで懐かしい感じですね。

お店に入ると、テーブルとイスが今まで使われていたと思われる学校の机でした。

座ったら冷たい!ってよくなってたなー

椅子には、地域の方が作ったのでしょうか、手づくりの座布団が置いてある席もあり、ほっこりしました。

もりそば並(900円税込)を注文。

注文時に「今日は二八と十割そばがありますが、どちらにしますか?」と言われ。

十割は食べた事がなかったのでそちらを選んでみました。

サイドメニューに日替わりごはんや蕎麦コーヒーもありました。

もりそば並(十割そば)。十割なのでそばの色は濃い目でしょうか。

食べたらそばの香りがふわっとかおりました。十割なので感じれるのでしょうか。香りだけでも食べれます。

地元の宇山で育てた蕎麦みたいです。新そばの時期にも来てみたいと思いました。

天ぷらにフキノトウの天ぷらがありました。この時期しか食べれないので貴重ですよね。

季節の野菜の天ぷら、とても美味しかったです。

お店の中では地元の野菜や加工品が販売されています。

河内地域でもたくさん加工品が作られているんですね。

蕎麦打ち体験もできるみたいです。

地元の蕎麦でそば打ちを体験できる場所はなかなか無いと思います。

やってみたいと思う方は是非さわやか茶屋で体験してみてはいかがですか。

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:りえ山
Instagram|@sariette12
ブログ|https://ameblo.jp/hot-cool-mu

そば処さわやか茶屋
東広島市河内町宇山1481
082‐438-1540
営業時間:11:00~14:00
定休日:木曜

ひとむすびパートナー

おすすめ記事