「この冬イチオシワイン」に合わせたい!ショージ寺家駅前店長に、赤・白それぞれに合う料理の特徴とレシピを聞いてみた!

お店

いよいよクリスマスソングが流れる季節となりました!

店でお祝いするのもいいですが、自宅で家族団欒や、友達を呼んでワイワイ賑やかに過ごすのも楽しそうです。

先日、「特別な日のワインを選ぼう!ショージ寺家駅前店の本格ワインセラーでそろう「この冬イチオシワイン」をご紹介♪」という記事で、パーティーのお供になるワインを紹介しました。

特別な日のワインを選ぼう!ショージ寺家駅前店の本格ワインセラーでそろう「この冬イチオシワイン」をご紹介♪<PR>

美味しいワインを選んだら、ワインに合う料理と一緒に味わいたいですよね?

今回は、ワイン好きの寺家駅前店 蔵田店長おすすめの、赤・白それぞれに合う料理を紹介してもらいました!

赤・白それぞれに合う料理の特徴って?

まずは、赤ワイン、白ワインそれぞれに合う料理の特徴について、蔵田店長に聞きました。

蔵田店長:肉料理は赤ワイン、魚料理は白ワインを合わせると聞いたことはないでしょうか?
これは、それぞれの色に由来していて、赤ワインには赤色系の食材、白ワインには白色系の食材を選ぶと相性がよいということです。例えば同じ肉料理でも、牛肉は赤ワイン、豚や鶏肉は白ワインといったように。

また、料理を作る際に赤・白それぞれのワインを隠し味として調味料に加えることで、ワインと合わせた時の相性がよくなったりします。

実際に、料理を作る時も、食材の色が近いもの同士は相性が良いと言われているそうです。

また、軽い味わいのワインにはサッパリとした料理を、フルボディの重厚感のある赤ワインには濃い味付けといった、味で合わせることもあるそうです!

大勢で賑わうときこそ、いろいろな料理とワインの相性を確かめてみるチャンスかもしれませんね!

それでは、早速店長おすすめの料理のレシピを紹介します!

赤ワイン×鶏レバーの炒め煮

コク深い味わいの【鶏レバーの炒め煮】

材料(4人分)
・鶏レバー(ハツを含む)     ・・・・400g
・ブイヨン(粉末を水でといたもの)・・・・200cc
・マッシュルーム(8〜10個)   ・・・・100g
・オリーブオイル         ・・・・適量
・バター             ・・・・50g (40gレバー・10g玉ねぎ)
・玉ねぎ             ・・・・100g
・小麦粉(薄力粉)        ・・・・適量
・塩胡椒             ・・・・適量
・パセリ(仕上げ用)       ・・・・適量
・赤ワイン            ・・・・150cc 

①下処理した鶏レバーに小麦粉(薄力粉)をまぶしておく。

②玉ねぎをみじん切りに、マッシュルームを食べやすいサイズにカット(4等分ほど)する 。

③フライパンでバターを溶かして鶏レバーを炒め、全体的に焼き色をつける。

④赤ワインを入れ、煮込む

⑤別のフライパンにオリーブオイル・バターを入れ、玉ねぎとマッシュルームをしんなりするまで炒め、軽く塩をまぶす

⑥⑤をレバーのフライパンに加え、ブイヨンを入れ全体を合わせて煮込んでいく。

⑦煮詰まって、水分がソース状になったら、お皿に盛ってパセリを振ってできあがり。


すべての材料に赤ワインを加えて煮込んでいるところ

※赤ワインの代わりに、アルコール分が高く、コクの効いた酒精強化ワイン「イーストインディア マデイラ ファイン」を使うのもおすすめです!

イーストインディア マデイラ ファイン リッチ 1848円(税込/ショージ寺家駅前店価格)


深い琥珀色で、コーヒーやカラメルを焼いたような香りが特徴。
デザートやチーズに食後酒としてよく合うワインです。

白ワイン×スジ肉の煮込み

旨味が凝縮された【スジ肉の煮込み】

材料(4人分)
・牛すじ肉  ・・・・400g
・玉ねぎ   ・・・・4個
・白ワイン  ・・・・100ml
・ミニトマト ・・・・12~15個
・ローリエ  ・・・・1枚
・粒胡椒   ・・・・10粒
・塩     ・・・・適量(肉の1%と玉ねぎしんなり用)

①牛すじ肉に塩(1%)を馴染ませて10分置く

②玉ねぎをスライスする

③常温に戻した牛すじ肉を熱したフライパンで表面のみしっかり焼き、一度取り出す

④同じフライパンでスライスした玉ねぎに塩を軽くして、白ワインで肉の旨味をこそぎながら、しんなりとするまでソテーする 

⑤深めの鍋に玉ねぎを敷き詰め、その上に牛すじ肉を乗せ、半分にカットしたミニトマト、ローリエ、粒こしょうを加え、蓋をして弱火で約1時間半から2時間煮込む 

*焦げ付く場合もあるので、様子を見ながら煮込んでください。水分が少なくなったら、水を足してください。

※余った煮汁は、パスタソースにアレンジできます。粉チーズを加えると、さらにおいしくなります。


鍋に玉ねぎ、牛肉とトマトが入っているところ

まとめ

いかがでしたか?

ワインの楽しみ方は人それぞれ!
まずはワインと料理を気軽に合わせて楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか!

おすすめ記事