寺家の寺西地域センターで開催されている「てらにしふれあい食堂」に参加してみた

イベント

子ども食堂はたくさんあるけど、どんな雰囲気かな?

無料だけど本当に行ってみてもいいの? とドキドキすることがありますか?

いろんな子ども食堂に参加している私。

今までもいろんな子ども食堂を紹介してきました。

【子ども食堂レポート関連記事】

★ 西条酒蔵通りで月1回開催している「KODOMO食堂」って知ってる?100円で購入出来るお弁当とは

★ 西条町田口のBOSCO VILLAGEを開催拠点にしている「こども食堂 MOGUMOGU」のゲリライベントに参加してみた

今回は、友だちから教えてもらった「てらにしふれあい食堂」の様子をレポートしますね!

行ってみようと参考になったらうれしいです♪

てらにしふれあい食堂は、子どもだけではなくあらゆる世代が参加できます。

【てらにしふれあい食堂】は、地域の幅広い世代の方々が集まり、おいしい食事を通じて心温まる交流を楽しむ場として、安心できる場所を提供しています。
今後も、地域の子供たちからシニアの方々まで、さまざまな世代が「食」を共有し、人々との絆を深めることができる場となるよう、様々なメニューや企画を展開していきます!

下山クリニック ホームページ 開催レポートより)

なので、この日も子どもだけでなく地域の方々もいらっしゃいましたよ。

和気あいあいと地域の方とお話しながらご飯が食べれました。

冬休み初日だったので近所の子どもたちは、子どもだけで参加していましたよ。

子どもだけで参加できるのは、ありがたいですね!

寺西地域センターに着いて、私が人のいる部屋に入ろうとしたら、子どもたちは一度友だちに連れてきてもらっているのでよく分かっていました。

まずは、調理室前で受付です。

その後、調理室に入ってお皿をもらってから入れてもらいます。

この日のメニューは、コーンバターごはんとポトフです。

この写真だとカレーに見えませんか?

ポトフと聞いていたので、スープだと思いこんでいたら、こんな感じに煮込んだお汁のないバージョンもあるんだと初耳でした!!

メニューは、八本松のシェフが作ったそうです。

毎回ではないけどよくシェフ料理のメニューがあるそうです。

この日は、他にもさつまいもサラダ、大根葉の炒め物、

いちごジャムのゼリーもセルフでありました。

ポトフは、スープでないのが不思議な感じだったけど、かぼちゃやレンコン、なんとはんぺんも入っていました。

私は、はんぺんだと気づかずすり身かなと思っていたら、お話し中に教えてもらいました。

野菜もよく煮込まれていてトロトロでとても優しい味で美味しかったです。

子どももよく食べておかわりしていました。

私は、ご飯を食べて一旦仕事に戻ったのですが、子どもたちは残ってレクリエーションを楽しみました。

普段はあまり見る機会が少ないパネルシアターを楽しんだみたいです。

クリスマスということでサンタクロースも登場。

プレゼントをもらって楽しかったようです。

情報をチェックしてみて参加してみてくださいね!

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター | なぉ
Instagram|@kitty_nao
ブログ|https://lit.link/la060531

てらにしふれあい食堂
主催 てらにしふれあい食堂実行委員会
場所 寺西地域センター(東広島市西条町寺家3166-1)
開催時間 12:00〜15:00
開催日は下山記念クリニックの新着情報をチェック
ホームページ(下山記念クリニック)

おすすめ記事