豊栄町のウール工房にお邪魔しました!

話題

今月号の広報ひがしひろしまの裏表紙にもなっていた、豊栄羊毛プロジェクトを行っている「豊栄ウール工房」。今回お邪魔し、見学してきました!

空き家をそのまま工房に活用しているらしい

豊栄ウール工房では、近くで飼われている羊の毛を利用して

「毛刈り」→「洗濯」→「草木染」→「ごみ取り」→「紡ぎ」→「編み」という工程を手作業で行い作品作りをしているそうです。

実際に染色している様子

近くの畑に放してあった羊を見ることもできました!

冬の間はもっふもっふで、毛刈りをすると半分近くの大きさになるそう。

ちなみに草木染は、皆さんも良く知っている「マリーゴールド」「栗のイガ」などで行っているそうです。

草木染は、紫外線や温度で発色が変化するため、色とは一期一会だそう。

また、ウール工房には糸車が置いてあり、実際に豊栄町で育った羊の毛を紡がれていました。

紡いだ毛は、ニット帽や手袋などに編まれます。

 

 

 

ウール工房は、現在試運転の状態で、今年の4月から本格的にOPENするそうです。4月以降は糸紡ぎ体験の他にフェルトで作品作りもできるそうです。

また、OPENする時にはHP上でお知らせいたします。

 

 


 

豊栄ウール工房

住所:東広島市豊栄町1955-1

OPEN:2019年4月予定 (毎週木曜日・土曜日)

FB:https://www.facebook.com/豊栄羊毛-2226039437415132/

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか

Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!

(Twitterからまるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi