八本松の「笑う肉には福来る」で満足度◎な肉料理を堪能!進化を重ねる最新メニュー&テイクアウトは?

グルメ

八本松から福富に行く道、県道350号を通る方は分かると思いますが、気になる名前のお店がありますよね!

5月にオープンしたお店、「笑う肉には福来る」。

関連記事:八本松に「笑う肉には福来る」がオープンしてる。肉料理が美味しそう

肉が食べれそうなお店だとは想像できますが、どんな料理なのか気になったので行ってみました。

テーブル着くとお品書きとおすすめの食べ方がかいてある紙が置いてあります。

お昼のメニューは3種類。

A.三種の肉盛り 牛肉・豚肉・鶏肉 合計170g デザート付き 1,500円
B.とろろ芋付き三種の肉盛り 牛肉・豚肉・鶏肉 合計140g デザート付き 1,500円
C.ご飯なしの三種の肉盛り 牛肉・豚肉・鶏肉 合計160g デザート付き 1,200円

お肉増量 50g 300円、ご飯大盛+100円です。

17時からは、「あの昆布出汁を使った自家製黒豚カレー」というカレーもあるようです。カレーはテイクアウトもできるようになっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

笑う肉には福来る(@waraniku)がシェアした投稿

メニューが変わってますよね! どんどん料理が気になってきます。

私はCの、ご飯なしの三種の肉盛り(税込1,200円)を注文しました。


牛肉・豚肉・鶏肉、3種の肉と野菜とタレ。タレも3種類です。

おススメの食べ方にも書いてありますが、お店の方も説明してくださいます。

「①味付けは塩のみで低温調理を施した肉味をそのまま食べてみてください」

そのまま食べてみました。肉そのものの甘みをすごく感じます。

とても柔らかくしっとりしたお肉でした。

「②お好みのタレを付けてお召し上がりください」

タレはねぎニンニク醤油、ナッツピリ辛醤油、自家製ポン酢。

どれもお肉に合うサッパリしたタレでした。

お肉の味わいを楽しむと言える料理ですね。

野菜も味付けしてあるのでそのまま食べれます。

お箸の包が鶴に折ってあってかわいかったです。

こちらは三種の肉盛りのご飯大盛り(税込1,600円)

①②はご飯なしの三種の肉盛りと同じように食べますが

「③最後に少し残しておいてください」と。

「昆布ベースのお出汁を後からお持ちします」と言われます。

少し残して、昆布出汁をかけていただきます。

味見した瞬間に出た言葉が「ウンマ!」でした。どう表現していいのかわからないのでそのまま書かせてもらいます。

とても美味しいお出汁でした。

出汁をかけて食べた方も、「美味しい」と2度継ぎ足して食べてました。

デザートはゆずゼリーです。季節によってデザートも変わりそうですね。

デザートと一緒に食後の温かいお茶もありました。

お肉は北海道の牛肉と豚肉を農家さんから直送で、鶏は広島で朝引きされた鶏肉だそうです。

とてもこだわりを感じますね。

美味しいお出汁だったので、そのお出汁を使ったカレーもとても気になるところです。

ときどき、限定で冷凍していない牛肉を使ったハンバーグもあるようなので、ホームページインスタグラムでチェックしてみてくださいね。

2人席や4人席でアクリル板もあり、コロナ対策もしっかりされています。

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:りえ山
Instagram|@sariette12
ブログ|https://ameblo.jp/hot-cool-mu

 

笑う肉には福来る
東広島市八本松町篠1206-3
080-6726-4923
平日11:00~15:00,17:00~20:00(​LO)閉店22:00
土日祝11:00~20:00(LO)閉店22:00
​定休日 不定休
駐車場 あり
https://tjmagpt.wixsite.com/waraniku
インスタグラム

ひとむすびパートナー

おすすめ記事