フレッシュな優しい味わいの新作!黒瀬町のトマトを使用した「朝のひとくちめ」トマトのポタージュを食べてみた

グルメ

東広島の野菜を使ったポタージュスープがあるのをご存知でしょうか?

野菜Laboの田野実温代(たのみあつよ)さんが手掛けているフードブランド「朝のひとくちめ」では、こだわりがいっぱい詰まったポタージュスープを味わうことができます。

そんな「朝のひとくちめ」から新作のトマトのポタージュがこの夏から販売開始となりました。

トマト料理が大好きなので食べてみたい! と思い早速、購入してみました。

商品は、野菜Laboオンラインショップで販売されています。

今回は、新作も含め5種類のポタージュがセットになった「朝のひとくちめ5種類」の5個入り3,375円(税込)を注文。※別途、送料がかかります。

20cm×28cmくらいのコンパクトな箱で届きました。

かわいい手書きテイストなシールが貼ってあるのでポタージュが届いたのがひとめで分かります!

開封すると、トマト・じゃがいも・にんじん・白ねぎ・れんこんのポタージュが冷凍の状態で入っています。

全部取り出して並べるとこんな感じ。

色鮮やかでパッケージもオシャレです。

ポタージュ種類一覧やおいしい解凍方法などのリーフレットも一緒に入っています。

どれも美味しそうで何から食べようか迷ってしまいますが、5種類の中から新作のトマトのポタージュを食べてみました。

まずは、解凍するため沸騰したお湯にカチカチのポタージュを入れます。

全体が溶けるようにお箸で揉みながら3分ほど加熱しました。

スープカップに注ぐとちょうど1人分の量。

食べきりサイズなのでお手軽でありがたいです。

淡い赤色がとてもきれい!

ひとくち食べてみると、トマトの酸味が柔らかでフレッシュな優しい味付けでした。

口当たりもなめらかなのでとても食べやすかったです。

仕事から帰宅して食べたので疲れた身体にじんわりと染み渡りました。

小腹が空いていたのでパンと一緒にいただきました。

ちなみにこちらのパンは、豊栄町にあるパン屋さん「リュラル ブーランジェ」の塩パンです。

パンとの相性抜群でしたよ!

ポタージュ種類一覧の説明文を読むと、トマトは黒瀬町のものが使用されているようです。

トマトの旨みを引き出すために細部までこだわって作られているのが伝わってきました。

自分へのご褒美や贈り物にも良さそうですね。

夏から発売されているトマトのポタージュ、皆さんもぜひ味わってみてください!

この記事を書いたのは
東広島まるひネットライター:みなみ

野菜Labo
https://yasailabo.official.ec/
インスタグラム
note

おすすめ記事