Youは何しに東広島へ? 第5弾 ブラジル出身 ベテッチさん家族

ひとむすび

「Youは何しに東広島へ?」をテーマにした動画配信、第5弾!

東広島在住の外国人の方を動画で紹介することで親しみを持ってもらい、交流を深めていける社会を共創できたらと思い、東広島まるひネットを運営するひとむすびが企画しています。

第5弾のゲストは、ブラジル出身のベテッチさん家族!

動画はこちら!

パート1と2にわかれています。

今回のインタビュアーは、うっちんです!

ブラジル出身 ベテッチさん家族

自宅でお話を聞かせてくれたのは、ブラジル出身のベテッチさん家族。

ベテッチ・マルコスさん、ベテッチ・マリア・リセリアさん夫妻と、息子のベテッチ・ルーカスさんです。

ブラジルから東広島へやって来て、10年が経つそう!

日本とブラジルの違いを聞くと・・・

日本は勉強がしやすい環境が整っていると、ルーカスさんが教えてくれました。また、ご近所づきあいもけっこう違うようですよ。

ブラジルでの食事を聞くと、豆・肉・ごはん・野菜を使った料理。

3:00頃のコーヒータイムにもたっぷり食べるのがブラジル流。パンやたまご、「タピオカ」を食べるという話に・・・

「え? タピオカって、あのタピオカドリンクのタピオカですか?」

うっちんの質問に、「ブラジルのタピオカは違うのよ」と教えてくれました。

クレープみたいな軽食を「タピオカ」というのだそう。

料理好きのマリアさんは、ショージの魚売場がお気に入りのようです。

日本に来てからは、言葉の習得のほかに、日本独特の文化に慣れるのも大変だったと話します。

けれど今は、優しくていい人がまわりにいるので、「東広島で引き続き暮らしていきたい!」と教えてくれました。

お話を聞かせてくださりありがとうございました!

動画はパート1と2にわかれています。

取材を終えて

〇日本に来て今年で10年目のベテッチさん家族。教育やご近所付き合いに故郷との違いを感じたそう。
毎日ご近所さんと挨拶やお話をするブラジルの方からすると、町内行事やイベント以外でご近所さんと交流する機会が少ない日本の生活は、少し寂しいかもしれないなと思いました。

〇おばあちゃんの知恵袋は万国共通?
日本の生活では、おじいちゃん、おばあちゃんから生活の知恵などを学ぶことがあるのだとか。
おばあちゃんの知恵袋はためになりますね!

〇東広島に来て良かったこと聞くと「人がいい! だからずっと住み続けたい 」とマリアさん。 東広島愛にあふれたインタビューとなりました。

これまでの「Youは何しに東広島へ?」

Youは何しに東広島へ? 第1弾 広島大学留学生 ニン・ブンセイさん

Youは何しに東広島へ? 第2弾 寺家にできた「CO BA QUAN」店主 ガーさん

Youは何しに東広島へ? 第3弾 ワークショップも開催できる安芸津のデザイン事務所「3164」の瀬戸口洋哉ドミニクさん

Youは何しに東広島へ? 第4弾 ハラルショップ西条(Halal Shop Saijo)の店長、ハサナさん

ひとむすびパートナー

おすすめ記事