ARUHI「本当に住みやすい街大賞」広島県版で西条が5位にランクインしてる

ARUHIツイッターより
ランキング

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021in広島」が9/22(水)に発表されました。

このランキングは、国内最大手の住宅ローン専門金融機関「ARUHI」が独自に実施するもの。

本当に住みやすい街大賞は、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から
アルヒのサービスをご利用のお客さまの膨大なデータを元に、本当に住みやすい街を選定することで人々の住まい選びの参考になることを目的としたアルヒにしか出来ないランキングになります。

「本当に住みやすい街大賞」WEBサイトより

①住環境
②交通の利便性
③コストパフォーマンス
④教育・文化環境
⑤発展性

といった審査基準に基づいたランキングです。

その中で、東広島市西条が第5位にランクインしています。

(気になる上位は・・・第1位:天神川、第2位:福山、第3位:五日市、第4位:段原一丁目)

ARUHIツイッターより

西条の評価のポイントを引用すると、

  • 駅を中心とした「西条駅周辺地区都市再生整備計画」により、2016年に「東広島芸術文化ホール くらら」が開業されたほか「酒蔵通り」の街路地も整備、助実地区の国道375号線沿いに新たなショッピングセンターの建設計画もありさらなる活性化やにぎわい創出が期待できる
  • 駅周辺にはスーパー「ハローズ東広島」・ショッピングセンター「ゆめタウン東広島」など買い物施設が充実し、駅から車で10分圏内には「井野口病院」「西条中央病院」などの病院があり生活環境が整っている
  • 近隣の西高屋駅・寺家駅より土地価格は上がるものの、新築戸建てが3,000万円〜4,000万円前後、新築マンションなら2,000万円台で販売されている物件もあり、周辺環境の良さや今後の発展性を考えるとコストパフォーマンスは高い
  • 広島屈指の学園都市で「広島大学東広島キャンパス」では産官学で連携しキャンパスのスマート化・グリーン化や、東広島市のスマートシティの実現などに向けた取り組みを行っている、さらに講座を受けるとポイントが貯まる「生涯学習パスポート」を発行し、子どもから大人まで学び続けられる制度を整えている

とあり、歴史ある風景と整備された街並み、利便性や土地の価格、そして広島大学キャンパスとの連携などが評価されたようです。

より詳しい解説はこちら→https://magazine.aruhi-corp.co.jp/0000-4630/

「納得!」という感じでしょうか、「意外!」という感じでしょうか。

ちょっと自慢できるかもしれませんね。

ちなみに、2020年3月に発表された「SUUMO住みたい街ランキング2020 広島県版/広島市版」の「穴場だと思う街(駅)ランキング」では、西条が第1位となりましたよ。

関連記事:西条が「穴場だと思う街(駅)ランキング」で広島県第1位になってる

ひとむすびパートナー

おすすめ記事