東広島まるひネットメンバー紹介⑭ひとむすびの共同設立者!アウトドア好き企画アドバイザー・nao氏

ひとむすび

東広島まるひネットって、どんな人が運営してるの? と思っている方に向けての、メンバー紹介シリーズ第14弾!

「東広島まるひネット」ができるずっと前、学生団体「東広島ひとむすび」の立ち上げにも関わったメンバー、naoさんを紹介します!

めっちゃアウトドア派です!

東広島まるひネットでおなじみのなぉライターと名前が似ていますが、別人ですよ♪

東広島まるひネットではたまに記事を書いたり、情報提供や、企画を出したりとアドバイザー的な関わり方をしてくれています。

「nao氏」と表現していきたいと思います!

(この記事を書いてるのは編集長のこばんです)

nao氏の生い立ち

八本松生まれ、八本松育ち。

八本松小学校を卒業したら、高屋の近畿大学附属東広島中学・高校に通い、進学は広島大学へ!

純・東広島産の人間です」という言葉通り、東広島密着型の生活を送ってきたnao氏。

人生で2度、東広島を飛び出して生活しました。

1度目は、大学3年生のときにタイへ5ヶ月、留学しました。

留学先のタイで像に踏まれているnao氏

 

生物生産学部で農業や水産について学んでいたnao氏。熱帯地域の農業や水産の在り方が今後、温暖化が進む中で日本でも参考になるのではないかと考え、大学の交換留学プログラム「AIMS(エイムズ)」に応募し、タイで活動していたそう。

もともと高校時代にオーストラリア、大学1年生の時にフィリピンに語学留学に行ったり、大学2年生になってからはバックパッカーとして東南アジア(ベトナム、マレーシア、シンガポール、中国)を2ヶ月かけて旅したりと、海外志向でした。

アジア周辺を自分の目で見てきて、「学問的に学びたい」と思ったのが留学のきっかけだったそうです。

ちなみに、学部生時代はミャンマーのタチウオ類ついて研究していました。

大学院では、瀬戸内海(大阪湾と燧灘:ひうちなだ)のタチウオの比較をテーマに研究。

「タチウオは観賞魚としても美しいし、釣っても楽しい、食べてもおいしい」と絶賛! タチウオへの愛情が伝わってきます。

2018年に大学院を卒業したnao氏は、広島大学に就職し、事務職員として働くことに。

2020年1月から1年3ヶ月、東京で暮らします。これが人生で2度目の脱・東広島です。

「いろんなものが集まっている便利さが東京にはあるし、東広島は自然が近くてのどか。どちらにも良さがありますね」と話します。

東京にいながらもメンバーとしてゆるく関わってくれていましたが、2021年4月、東広島へカムバック。ひとむすびのメンバーとしてフル稼働中です!

大学時代は約5年間、八本松のお好み焼き店「風の街(現:おおにし)」でアルバイトをしていました。なのでお好み焼き、もんじゃ焼き、府中焼き、なんでも焼けるそう!

研究室のフィールド 口永良部島でお好み焼きをふるまう

 

ちなみにおうし座のB型。きょうだいはお姉さんがいます。

幼いころは憩いの森公園の川や、竹原市の的場海水浴場でよく遊んでいたそうですよ。

ひとむすびに関わるようになったきっかけ

バックパッカーとして東南アジアを2ヶ月かけて旅したり、タイへ留学したりと、海外志向だったnao氏。

日本に戻ってきたときに、「日本人なのに日本のこと知らないな・・・ずっと暮らしてきた東広島のこと、どれだけ知ってるのかな?」と思うようになったといいます。

世界に目を向けてたくさんの人を幸せにできるような人材になりたいけれど、まずは身近な人を幸せにできる人になろう、と、自分が暮らしてきた地域に目を向けるように。

そんなタイミングで大学4年生の頃、同じ生物生産学部で農業について学んでいた同級生、山田芳雅さん(現在のひとむすび代表)がアメリカから帰ってきて、地域に目を向ける志の方向性に意気投合するようになります。

(今は無き)大戸屋でご飯食べながら、「アメリカで見たような、地域のいいものが集まるマーケットがやりたい」と山田さんが話せば、「自分は地域の自然が体験できる場づくりがしたい」と話が盛り上がり、のちのマーケット「ひとむすびの場」と地域を体験できる「スクール」に繋がりました。

お互いに実現したいことをサポートし合いながら、まずは学生団体「東広島ひとむすび」としてスタートを切ったのです。

例えば、八本松町吉川地域の皆さんと協力して、田植えや稲刈り、どんど焼きなどの体験スクールを開催。写真は2019年7月に行った「いかだを作って遊ぼう!」という企画。

竹でいかだを作りました。幼稚園生から小学校高学年まで様々な学年の子どもたちが集まりました。

関連記事:八本松町吉川にて「わくわくスクール」を開催しました!

以前はスクールの企画からがっつりと行っていたnao氏ですが、今は企画は大学生に任せ、そのサポートをメインに行っています。

スクールだけでなく、東広島まるひネットでも以前、記事を書いていますよ。

東広島初上陸の施設「クライミングパーク東広島」でボルダリングに初挑戦!

そのほか、企画のアイデアをくれたり手伝ってくれたりと、大切な運営メンバーです。

nao氏の好きなもの

アウトドア派のnao氏は山も海も大好き。

八本松吉川で登山したときの風景。

こちらは吉川の長寿の森で穴を掘った時の写真。

合計4日間かけて、近くにある石や木だけで堀ったというから驚き!

次は海の写真。

幼い時からバス釣りなどが好きで、大学生になってからは海釣りにハマったそう。

下の写真は、安芸津の海で撮影した写真です。カヤックフィッシングをしています。

そして魚の中でも、大学で研究を重ねたタチウオが大好き。

釣った魚をさばくのもお手の物。大学時代は研究のために600匹ものタチウオをさばいたそう。

廃棄物を有効活用できないかと、魚の骨・しっぽ・頭の剥製づくりにも挑戦しました。

タチウオの頭のマグネットがこちら・・・

かわいいですか?

いろんな魚バージョン(上からサワラ、サバ、タチウオ、メバル)。

ほしいor商品化したい!という方がいたら、東広島まるひネットまでご連絡ください!!!

東京から東広島へ戻ってきて2ヶ月。

今は東広島市内で遊べる自然のフィールドを探しているそう。開拓されすぎてない、アドベンチャー感満載の山、森。歩ける川など・・・。

そんな場所で、テントサウナをしてデジタルデトックスを楽めたら・・・と構想中です。

「東広島の山、川、海、自然の楽しみ方を広めていきたい!」と話してくれました。

わんぱくな子どもがいる家庭や、アウトドア派の皆さん、特に楽しみにしていてくださいね!

naoライターの記事一覧

東広島初上陸の施設「クライミングパーク東広島」でボルダリングに初挑戦!

気になる!!西条にあるガラス張りの肉料理屋「春祺廊(SYUNKIROU)」に行ってみた

気になる!!TSUTAYA東広島店すぐ横、黄色い看板「アジアンリラクゼーションヴィラ」で癒されてきた

 

ひとむすびパートナー

おすすめ記事