福富のおしゃれなログハウス「ラベンダーはうす」は自然派ランチ

グルメ

山道を進んでいくと、こじんまりとしたログハウスを発見。

どうやらカフェのようで、名前はラベンダーはうす

入り口にクリスマスツリー!?真夏にあるのは謎ですが、ログハウスとは調和していますね!

面白そうなので、寄ってみました!

 

ラベンダーはうすさんは、25年間、親子で経営されているそうです。

オーナーさんファミリーの気さくな人柄に惹かれ、リピーターが後を絶ちません。

 

外は炎天下だけど、ログハウスの中は涼しい♬木は呼吸しているので、夏は涼しく、冬は暖かい。

おかげでいつでも快適に過ごす事ができるそうです。

 

お冷のマグカップは、福富在住のオブジェ派陶芸家 井出原敬一氏作。土台のお顔はこだまでしょうか?

 

地産地消や旬にこだわった食材を使用しています。一品ずつ丁寧に作られた料理が、美味しそうにカウンターに並んでいます。

日替り旬菜御膳 1100円(税込)可愛いお花のプレートランチ

甘く煮られたじゃがいもの煮物、香り豊かな地生えフキ、殻ごと食べられるエビ、甘くて懐かしい母の味がする卵焼き・・・それぞれ異なる種類の出汁を使うというこだわりっぷりです。

ほくほくのかぼちゃ天は、この辺りで獲れた完熟ETかぼちゃ。揚げても蒸しても美味しい!

 

甘い輝きを放つ完熟トマトは、木に一番最初に大きく実ったトマトらしいです。オーナーさん曰く、美味しいトマトにはこんな風に★があるんだって!

まるでスタールビーのような輝き

 

タイミングがよければ、デザートセット500円(税込)が登場することも!(ランチと一緒に注文すると100円引き)

ランチに行ったときに聞いてみてくださいね。

この日は、自家製バナナケーキ&ブルーベリージャム。果肉ゴロゴロ!手作りならではですね。珈琲は、神戸にあるお気に入りの喫茶店の豆を取り寄せているそうです。

店内には、お客様が撮影した写真が飾られています。季節ごとに替り、四季が感じられます。

 

コロナ対策として風通しが良くなるように、入口のドアを外してカーテンを取り付けてあります。

テラス席も用意されているので、小さいお子様やペットとも一緒にご飯を楽しめます。

 

事前予約で行くのをおススメします。

 

ラベンダーはうす
東広島市福富町下竹仁1220
082-435-3427
営業時間:11:40~15:00
               18:00~21:30
定休日:不定休(平日間)
夜は要予約

 

ひとむすびパートナー

おすすめ記事