豊栄でハーバリウム講座に初挑戦<学生×地域塾レポート>

ひとむすび

ひとむすびでは、「学生さんのやりたいこと×地域の課題」から作るプロジェクトを応援しています。

名付けて、「ひがしひろしま 学生×地域塾」!!

当WEBサイト「東広島まるひネット」でも、少しずつそのプロジェクトの内容を発信していきます!

今回は、地域でハーバリウム講座を実践したチームメンバー、平山未侑さんが、活動を報告します!!


こんにちは!広島大学1年の平山未侑です。

私たちは11/16(土)に、豊栄にある安宿地域センターにて、ご高齢の方を対象としたハーバリウム講座を行いました。

ご高齢の方に楽しんでもらえる、やりがいを感じてもらえる、そんな企画づくりを目指して活動しています。

今回は第1回目ということで何か変わったものをしたいと思い、ディップフラワーというものを使ったハーバリウムづくりに挑戦しました。

ディップフラワーとは、まず針金で花の形をつくり、その花びらに専用の液で膜をはり、マニキュアで色付けをして作ります。

これがなかなか上手くいかず、最初の頃は本当に苦戦しました…

当日は5人もの方にお集まりいただきました。ありがとうございました!!

皆さんには、あらかじめ用意した膜つきのワイヤーの花に、マニキュアを塗ってもらうところからスタートしてもらいました。

少し大変な作業ですが、皆さん根気強く頑張ってくださいました。

そして完成した作品がこちら!

カラフルでとっても素敵な作品ができました。

作品づくりを通して皆さんの色々なお話も聞くことができ、私にとっても初めての経験ということを含め、収穫の多い一日となりました。

協力していただいた方々に感謝です!

今回のことを糧に、これからも頑張っていきたいと思います!

この記事を書いたライター:ひがしひろしま学生×地域塾メンバー 平山未侑

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

よければ、このページをお気に入り登録していただくか、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!!
(Twitterからまるひネットの記事をいち早くご覧いただけます)

Twitter ➡︎https://mobile.twitter.com/hhhitomusubi